アダルトサイト「ゼロクリック詐欺」に注意 - シマンテック

 

シマンテックは公式ブログにおいて、新種の「ゼロクリック詐欺」について警告を発している。日本語のアダルトサイトを閲覧するだけで、自動的に会員登録されたかのように装う手口の詐欺だ。

アダルトサイトにおいて、訪問者を勝手に登録、もしくは登録したように見せかける詐欺は、古典的な手法だ。閲覧者がサイト内のリンクを1回~複数回クリックすることで「登録」させる手口が一般的で、このような手口は「ワンクリック詐欺」と呼ばれている。

シマンテックによると、最近発見された「ゼロクリック詐欺」は、その名の通りクリックなしで会員登録をしたかのように装う詐欺。閲覧者が詐欺サイトを開いただけで、なんの警告もないまま自動的に「会員登録終了」などのページやポップアップが表示され、サービスに登録したと思わされる手口だ。

「ゼロクリック詐欺」サイトのイメージ(シマンテック公式ブログから)

しかもこの登録ページでは、高額の料金が請求されるのが一般的。なかには約24万円もの請求をする事例もあるという。

特徴的なのが、ゼロクリック詐欺の多くは、高額料金の請求とともにサポートセンターなどの電話番号が表示されること。サポートセンター番号の前後には「24時間対応」や「自動受付処理」などの文言があり、詐欺被害者が電話をかけやすいように誘導することが多い。

ゼロクリック詐欺の対処法は、従来と同じ「無視すること」。登録済ページが自動表示されるのは、閲覧元のページのHTMLに「1秒後にページを更新する」などの簡単なmetaタグが挿入されているのが理由。このため「サイトを開くと別のURLを呼び出す」だけで、とくに個人情報が抜かれているわけではないのだという。

もちろん、表示されるサポートセンターの電話番号に連絡をいれるのも厳禁だ。電話をかけると、料金を払うように説得してくる可能性が高いほか、被害者の電話番号が記録されて、今後の詐欺活動に悪用される可能性もある。同じ理由により、詐欺相手へのメールの送信も厳禁だ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

柴田英嗣、元妻&ファンキー加藤娘の健診に立会い宣言 "加藤違い"で狩野焦る
[00:12 7/30] エンタメ
ウレタン製の柔らかVRゴーグル「Merge VR」、ツクモ限定で30日から販売開始!
[00:00 7/30] パソコン
[シン・ゴジラ]日本政府対ゴジラの攻防 日本映画のスケールを超えた壮大で緻密な作品
[23:59 7/29] エンタメ
「機械仕掛けの愛」4巻発売、娘の結婚式に参列するAIのエピソード公開
[23:34 7/29] ホビー
声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」発売記念特番でMVを公開
[23:30 7/29] ホビー