「シマンテック」最新記事一覧

関連キーワード

ヘッドライン

ランサムウェア「WannaCrypt」について知っておくべきこと - シマンテック

シマンテックは5月15日、公式ブログにおいて、「WannaCry ランサムウェアについて知っておくべきこと」を日本語で公開した。同記事では、攻撃の仕組み、暗号化されたファイルの復元などについて説明している。

[14:00 5/15]

シマンテックが2016年脅威レポート発表 - 政治的動機による標的型攻撃が急増

シマンテックは4月26日、「インターネットセキュリティ脅威レポート第 22号(ISTR: Internet Security Threat Report, Volume 22)」を発表した。これによると、2016年は、 政治的動機による妨害工作、破壊工作を意図した標的型攻撃が急増したという。

[12:32 4/27]

「ノートン モバイルセキュリティ」iOS向け機能強化版を日本先行発売 - パスワード・個人情報管理機能を搭載

シマンテックは19日、日本のモバイルユーザー(スマホまたはタブレットを所有している男女合計3296サンプル。年齢は15~69歳)を対象としたセキュリティに関する意識調査の結果を発表した。あわせて個人向けセキュリティブランド「ノートン」のモバイル版にiOS向け新機能を追加し、20日に販売を開始する。

[06:00 4/20]

MDMサービス「MobiConnect」、「Norton Security」のオプション提供を開始

インヴェンティットは4月5日、シマンテックのWindows向け総合セキュリティ対策ソフト「Norton Security(ノートン セキュリティ)」を、MDMサービス「MobiConnect(モビコネクト)」のオプションサービスとして提供開始と発表した。

[17:38 4/5]

Nintendo Switchの無料エミュレータ偽装サイト、シマンテックが注意喚起

シマンテックは3月31日、「Nintendo Switch」のエミュレータに偽装した詐欺サイトに注意を喚起した。シマンテックのセキュリティブログでは、Nintendo Switchの無料エミュレータをうたう動画投稿などが散見されると警告。ロック解除のためにアンケート入力を求めるようなサイトには警戒すべきとしている。

[14:39 4/3]

「Nintendo Switch」のエミュレータを装う詐欺に注意 - シマンテック

シマンテックは3月31日、公式ブログ「Security Response」において、任天堂の新たな家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」のエミュレータを装う詐欺が確認されたとして、注意を呼びかけている。

[11:43 4/3]

大丈夫? クラウド活用時のデータ保護対策 第5回 ハイブリッドクラウドにおける災害対策(後編)

前回から、データ管理の観点から見た、ハイブリッドクラウドのような増大する複合インフラにおける災害対策を取り上げています。今回は、その具体的な手段である「バックアップデータの外部保管」と「本番データのリモートレプリケーション」について説明します。

[09:00 3/30]

クラウドコンピューティングで予測される動向に対応 - ベリタス 西村社長

2017年の年頭にあたり、ベリタステクノロジーズの代表執行役員社長を務める西村隆行氏が年頭所感を発表した。

[13:00 1/5]

プログラミング教育シンポジウム「Hour of Code」開催 - 4年後に迫る小学校でのプログラミング必修にどう取り組むか

2020年から、小学校でプログラミング教育が必修となるが、学校側では準備できているのだろうか?――プログラミングを公教育に普及させることを活動目的とする一般社団法人 みんなのコードが12月11日、都内でシンポジウム「Hour of Code Japan 2016 TOKYO EXPO」を開催した。本稿では、その模様をお届けしよう。

[11:30 12/16]

IDC、2017年国内IT市場の10のトレンド発表 - 第4のプラットフォームも登場

IDC Japanは12月13日、2017年の国内IT市場においてカギとなる技術や市場トレンドなど主要10項目を発表した。主要な技術やトレンドとして、「デジタルトランスフォーメーション」「人工知能」「ランサムウェア」が取り上げられている。

[12:37 12/14]

IoT機器への攻撃「全く予想しなかった」 - 2017年のサイバーセキュリティはAI技術が重要に

シマンテックは8日、サイバーセキュリティにおける2016年の総括と、2017年の予測を発表。シマンテック セキュリティレスポンス シニアマネージャの浜田譲治氏は、この2016年が例年と異なり「目立った攻撃がみられた年」と位置づけた。特に注目すべきはIoT機器への攻撃だという。

[20:21 12/8]

Android向け「ノートン モバイルセキュリティ」を更新、アプリの無償提供も

シマンテックは11月11日、Androidデバイス向けセキュリティアプリ「ノートン モバイルセキュリティ」の最新バージョンのアップデート提供を開始した。合わせてAndroid用アプリ2種類とiOS用アプリ1種類の無償提供も開始する。

[18:19 11/11]

ファーストサーバ、ジオトラストのOV・EV SSLサーバ証明書を提供開始

ファーストサーバは10月26日、「Zenlogicホスティング」において、シマンテックが提供する「ジオトラスト」ブランドのSSLサーバ証明書の提供を開始した。

[17:49 10/26]

シマンテック、個人向けセキュリティ製品「ノートン」最新版 - 機械学習でマルウェア亜種を予測、脆弱性対策も強化

シマンテックは13日、個人向けセキュリティ製品「ノートン」2017年版を発表した。また、ブランドキャラクターとオンラインセキュリティアンバサターとして「ドラえもん」を起用。「どこにいてものび太を見守る」という使命は「ノートンは、いつもそばで守ってくれる」という使命に通じる事で起用したという。

[09:06 10/13]

大丈夫? クラウド活用時のデータ保護対策 第1回 クラウド利用の現状とデータ保護の課題

今日、企業においてはクラウドの利用が当たり前となりつつありますが、便利さの裏側に「データ保護」という課題があります。本連載では、クラウドを安全に利用するための対策として、データ保護のあり方を考えます。

[09:00 10/13]

マルウェアに感染するIoTデバイスが増加 - シマンテック調査

シマンテックは9月26日、サイバー犯罪者ネットワークがIoT機器のセキュリティの不十分さを悪用し、マルウェア配布、ゾンビ ネットワーク作成、あるいはボットネット構築などを機器所有者に知られることなく行っていることを示した新たな調査結果を発表した。

[14:48 9/26]

シマンテック、クルマのCANの通信状態を監視するソリューションを発表

シマンテックは7月27日、インターネットに接続するクルマ(コネクテッドカー)の本格的な到来に向け、車載ネットワークであるCAN/CAM HDの挙動を解析し、ゼロデイ攻撃やサイバー攻撃から保護する「Symantec Anomaly Detection for Automotive」を発表した。

[08:00 7/28]

その無料Wi-Fiは安全? シマンテック、悪意あるWi-Fiスポットから情報を抜き取るデモ

シマンテックは7月13日、誰でも無料で利用できる「フリーWi-Fiスポット」のセキュリティに関する説明会を開。会場となったカフェに、実際に悪意のあるWi-Fiスポットを設置し、アクセスしたユーザーの個人情報を抜き取るデモンストレーションを実施した。

[09:36 7/14]

「VMware NSX」導入の理由は自動化とセキュリティ、今後はマルチクラウド対応へ

ヴイエムウェアはこのほど、ネットワーク仮想化の最新動向に関する説明会を開催した。同社はネットワーク仮想化プラットフォーム「VMware NSX」を提供しているが、国内でも導入が進んでいるという。

[10:30 7/7]

目的は重要データ - 日本の技術系、報道系企業がサイバー攻撃の標的に

シマンテックは1日、トロイの木馬型マルウェアDaserfへの感染を目的とし、サイバー犯罪グループが日本企業を狙っているとして、公式ブログで注意を喚起した。

[18:32 5/2]

アダルトサイトから感染するAndroidランサムウェアが日本に上陸

シマンテックは4月4日、公式ブログで、Androidを狙ってヨーロッパで広く拡散しているランサムウェア「Android.Lockdroid」が日本に上陸しているとして、注意を喚起した。このランサムウェアは、ほとんどの場合アダルト向けサイトから手動でダウンロードされてデバイスに感染するという。

[10:35 4/5]

シマンテック、ネット犯罪から身を守る情報をまとめた無料ハンドブック

シマンテックは30日、インターネット犯罪から身を守るための情報を集約した「インターネット犯罪対策ハンドブック」を個人ユーザー向けに無料公開した。形式はPDFで、全11ページ。

[14:10 3/31]

日本では42%がモバイルアプリでIoT機器を管理 - ノートン調査

シマンテックは9日、日本、米国、イギリス、オーストラリア、カナダの5カ国を対象に行った、モバイルアプリとIoTに関する意識調査の結果を発表した。スマートフォンがIoT機器のコマンドセンターとして機能していると指摘。スマートフォンを経由してIoT機器に被害が及ぶ可能性があると注意喚起した。

[18:21 3/9]

アダルトサイト「ゼロクリック詐欺」に注意 - シマンテック

シマンテックは公式ブログにおいて、新種の「ゼロクリック詐欺」について警告を発している。日本語のアダルトサイトを閲覧するだけで、自動的に会員登録されたかのように装う手口の詐欺だ。

[19:12 1/27]

世界17カ国の調査から見えてきた、日本のネットセキュリティへの意識

シマンテックは25日、インターネットの活用とサイバー犯罪の最新動向を世界規模で調査した「ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート」の説明会を行った。日本はネット犯罪的に言うと調査国の中で最も安全な国だといい、過去一年の被害率は7%と17カ国中最も低く、被害額も17カ国平均より低い結果だという。

[20:50 11/25]

マルチプラットフォームのセキュリティソフト「ノートン」最新版

シマンテックは15日、セキュリティソフト「ノートン セキュリティ」の最新版を発売した。「ノートン セキュリティ スタンダード」、「ノートン セキュリティ デラックス」、「ノートン セキュリティ プレミアム」の3モデルを用意する。価格はオープンで、店頭予想価格は3,980円(税別)から。

[15:38 10/15]

OS Xのセキュリティ機能「Gatekeeper」に脆弱性

AppleのOS Xが備えるセキュリティ機能「Gatekeeper」について、攻撃者が任意のコードを実行できる脆弱性が報告された。

[11:07 10/2]

セキュリティに「自信あり」はネット利用者の約1割 - シマンテック、セキュリティ意識に関する調査結果を発表

ノートンは30日、日本人のセキュリティ意識に関するオンライン調査の結果を公表した。これによると、インターネットユーザーの78%がセキュリティやプライバシーに関するオンライン情報のあり方や危険性について「理解している」と回答する一方、これらの管理に「自信がある」と回答したユーザーは全体の12%に留まる結果になったという。

[18:39 9/30]

子どもインターネット利用、行動を知らずに安全を確信する親? - 辻希美さんも驚いたシマンテック調査

シマンテックは7月16日、子どもの安全なインターネット利用に対する調査結果を発表し、夏休みに向けて保護者への提案を行った。ゲストとして三児の母となるタレントの辻希美さんが登場、トークセッションも行われた。

[22:47 7/16]

【特別企画】迫る時間的制限、法人向けと個人向け製品の混在環境下でセキュリティを安心して担保するには?

OSを含むソフトウェアと脆弱性の問題は切っても切り離せない関係にある。技術の進歩とともに付随して認知される場合も多い。ソフトウェアベンダーは、頻繁なアップデートを繰り返し、マルウェアよりも先にこのセキュリティホールを防いでいかなければならない宿命を負っている。

[11:27 5/28]

シマンテック バックナンバー

このキーワードについて (パソコン>セキュリティ対策>シマンテック)

シマンテック トップへ

人気記事

一覧

新着記事