ホンダ、鳥取県らと水素ステーション・スマートハウス・FCV整備の協定締結

本田技研工業(ホンダ)と鳥取県、鳥取ガス、積水ハウスの4者はこのほど、地球温暖化防止と持続可能な低炭素社会の構築を目標とする鳥取県の「水素エネルギー実証(環境教育)拠点整備プロジェクト」を推進する協定を締結したと発表した。

拠点整備イメージ図

鳥取県の目指す「水素の暮らし」

同プロジェクトでは、水素社会の実現に向け、再生可能エネルギーで水を電気分解して水素を製造・供給する設備「スマート水素ステーション」を日本海側で初めて整備。水素エネルギー利活用の省エネ・創エネによる快適でスマートな暮らしを提案・啓発することで、スマートハウス化とFCV普及促進をめざす。再生可能エネルギーを活用した水素ステーションと住宅、FCVを一体整備する水素エネルギーの活用は全国初という。

鳥取ガスグループの敷地内にスマート水素ステーションと太陽光パネルを設置し、太陽光で発電した電力から水素を作り、FCVに供給する。同時に、敷地内の積水ハウスの展示場をスマートハウス化して、燃料電池やFCVから住宅へ電力供給を行うなど、快適でスマートな暮らしを支えるしくみを来場者に体験してもらう。水を電気分解して水素を作るなどの実演を行う環境教育拠点を敷地内に設け、水素エネルギー活用の理解促進を促す。

施設は積水ハウス展示場である「いなばの四季展示場」にあり、積水ハウスが設計、整備などを担当。鳥取県がスマート水素ステーション設置費用の一部、スマートハウス・学習エリアの整備費用などを負担し、鳥取ガスがスマート水素ステーションの整備と運営を行う。ホンダはスマート水素ステーションの技術的ノウハウ提供やFCV「クラリティ フューエル セル」を納入する。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事