東芝、vPro版やWindows 7 Professionalモデルを用意した法人向けノートPC

  [2016/01/21]

東芝は21日、法人向けノートPC新製品として、管理機能を強化したvPro対応モデルやWindows 10 ProダウングレードのWindows 7 Professional搭載モデルを発表した。発売は1月下旬から。

今回発表された、13.3型ノートPC「dynabook R73」のvPro対応モデル

今回発表されたのは全8モデルで、vPro対応モデルやWindows 10 ProダウングレードのWindows 7 Professional搭載モデルをラインナップする。いずれの製品もパーツのカスタマイズが可能で、モデルにより液晶解像度やストレージ容量、指紋センサー搭載といった構成変更が行える。なお、12.5型タブレットPC「dynabook R82」では、専用のキーボードが付属するモデルと、タブレットPC単体モデルの両方で、vProに対応した新製品を用意する。

発表されたPC新製品は下記の通り。

ジャンル 製品名 モデル
13.3型ノートPC dynabook R73 vPro対応モデル
14.0型ノートPC dynabook R64
12.5型着脱式タブレットPC dynabook R82
14.0型ノートPC dynabook B54 Windows 7 Professional 32/64bit(Windows 10 Proダウングレード)搭載モデル
13.3型ノートPC dynabook R63
15.6型ノートPC dynabook B654 Windows 10 Pro 搭載モデル
dynabook B554
dynabook B454
関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

カレー沢薫さんの"3D"ロゼットを抽選で1名にプレゼント!
[12:00 5/30] テクノロジー
【連載】3Dペンでカレー沢薫さんを「立体化」してみた 第3回 カレー沢薫さん、光る
[12:00 5/30] テクノロジー
尾木ママ、舛添知事への怒り爆発「税金、公金にたかる寄生虫」
[11:55 5/30] エンタメ
Viibar、Yahoo! JAPANのデータ分析結果をもとにした動画広告商品
[11:40 5/30] 企業IT
【レポート】人工知能、VR、Chrome OS、開発者会議で示したGoogleの方向性
[11:33 5/30] 経営・ビジネス

特別企画 PR