フィリップス、チョップドサラダ作りに役立つ「マルチチョッパー」

 

フィリップス エレクトロニクス ジャパンは1月21日、食材を均一にカットできる調理家電「フィリップス マルチチョッパー」を発表した。発売は2月上旬。価格はオープンで、推定市場価格は税別10,880円前後だ。

フィリップス マルチチョッパー

マルチチョッパーは、食材の水分を残しつつカットする「チョップドロップモード」と、食材を刻んだり混ぜたりできる「フードプロセッサーモード」の2モードを搭載する調理家電。本体上部を押さえるようにすればスイッチが入り、食材をカットできる。

チョップドロップモードでは、特別な形状のバスケット内へ食材をセットする。毎分1,500回転の低速回転で「チョップドロップ用ブレード」が食材を刻み、細かくなった食材はバスケットに空いた穴からカップへ落ちていく。食材から水分が出にくく、食感を生かしたカットを実現。キャベツやきゅうり、ゆでたまご、ナッツ類といった異なる食材を一度に調理できるのも特徴だ。

異なる食材を一度にカットできる

カットした野菜からは水分が出にくく、パラパラに仕上がる

チョップドサラダの調理例

フードプロセッサーモードは、毎分5,000回転で食材を刻んだり混ぜたりミンチにしたりするためのモード。本体上部を押さえ続ける「連続プッシュ」ではなめらかな液体・ペースト状になり、約1秒を目安に作動と休止を繰り返す「パルスプッシュ」では粗めに食材を刻める。

チョップドロップモード(左)とフードプロセッサーモード(右)の比較。どちらも玉ねぎを使用。チョップドロップモードでカットした玉ねぎは、フードプロセッサーモードに比べて約30%水分が多く残る

サイズはW13.5×D13.5×H26.5cm、重量は1.2kg、カップの容量は最大1.1L。本体以外は食洗機対応となる。カラーはブラック(HR2509/95)とホワイト(HR2505/05)。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

JR大阪環状線103系クラシックトレイン運行 - 車内で生演奏、芸術の秋楽しむ
[07:30 9/25] ホビー
イモトアヤコ、“死の崖”アイガー登頂なるか!?『イッテQ!』2時間SP
[07:00 9/25] エンタメ
[今週の真田丸]第38回「昌幸」 流罪となった昌幸は……豊臣秀頼も登場
[07:00 9/25] エンタメ
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (25) img要素の属性
[07:00 9/25] 企業IT
ミイラ男もこんなにキュート! かわいいお化けがそろったハロウィーンカフェ
[07:00 9/25] 趣味