セイコー×ゼロハリバートンのダイバーズウオッチ、コンセプトは二律背反

 

セイコーウオッチは13日、スポーツウオッチブランド「セイコー プロスペックス」のダイバースキューバから、新シリーズとなる機械式の「TRANSOCEAN(トランスオーシャン)」を発表した。本格的なダイバーズウオッチとしての機能を備えつつ、ビジネスシーンにもマッチするデザインとし、コンセプトに「二律背反」を掲げる。

TRANSOCEAN(トランスオーシャン)の限定モデル

ラインナップは、アタッシュケースの老舗であるゼロハリバートンとコラボした限定モデル(2機種)と、レギュラーモデル(3機種)を用意。限定モデルは各500本で税別価格が140,000円、レギュラーモデルの税別価格は130,000円。発売は1月29日の予定。

ゼロハリバートンコラボレーション限定モデル

SBDC043

SBDC045

レギュラーモデル

SBDC037

SBDC039

SBDC041

ダイバーズウオッチとしては、200m空気潜水用防水、表面硬度と耐食性を高めたケースとバンド、視認性を考慮した無反射コーティングの2.8mm厚サファイアガラスなどを備える。装着時にぶつけやすい回転ベゼル(逆回転防止付き)には、傷がつきにくいセラミックスを採用した。

ケースとバンドには、異なる2種類の仕上げを施しており(筋目仕上げ・鏡面仕上げ)、腕の動きに合わせてさりげなく光を放つ。また、ビジネスユースへの配慮では、シャツの袖口に引っかかりにくいように、ケースからバンドへ流れるようなフォルムとした。

筋目仕上げと鏡面仕上げによる輝きのイメージ

限定となる「ゼロハリバートン」コラボレーションモデルは、美しいプレスライン「ダブルリブ」をダイヤル上にさりげなく再現。セイコーのダイバーズウオッチとゼロハリバートンのアタッシェケース、双方が持つ堅牢性を感じるスマートなデザインに仕上げたとしている。時計の裏ぶたにはシリアルナンバーを印し、専用ボックスに収めた。

限定モデルのフェイス、裏ぶた、専用ボックス

そのほか共通の仕様として、ケースとバンドの素材がステンレススチール、ケースサイズが外径45×厚さ13.8mm、ムーブメントが「メカニカルムーブメント キャリバー6R15」となる。ムーブメントは手巻き付きの自動巻きで、最大巻上時で約50時間の駆動、カレンダー機能を持つ。

ケース展開図

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ソニー、より薄く狭くなった4K HDR対応の43V型/49V型「BRAVIA X8300D」
[13:57 8/30] スマホとデジタル家電
男性が育休取得しない理由、「仕事を代わってくれる同僚がいない」が1位
[13:55 8/30] シゴト
AED、中小企業の5割が「未設置」 - その理由は?
[13:54 8/30] シゴト
坂上忍、高畑容疑者報道「今年一しんどい」と吐露 - 出演者と3度口論に
[13:52 8/30] エンタメ
最近パクチー足りてる? パクチーづくしのタイ風居酒屋に行ってきた
[13:52 8/30] 趣味