フォステクス、バランス出力対応のUSB DAC搭載ヘッドホンアンプ

 

フォステクスは12月21日、USB DACを搭載したヘッドホンアンプ「HP-A4BL」を発表した。発売は2016年1月中旬。価格は税別48,000円。

HP-A4BL

使用例

HP-A4BLは、2013年10月に発表されたUSB DAC搭載のヘッドホンアンプ「HP-A4BL」をベースに、バランス出力端子を装備した新モデル。DACチップにはバーブラウン社の「PCM1792A」を搭載し、DSD 11.2MHzやPCM 192kHz/24bitを再生できる。本体に低位相雑音の水晶発振器を内蔵。PCM 192kHz/24bitのアシンクロナスに対応している。また、音源に合わせてロールオフ特性やカットオフ周波数を切り替えられるデジタルフィルターを搭載する。

フロント

リア

ヘッドホンの推奨インピーダンスは16~600Ωで、ゲイン切り替えスイッチを装備している。最大出力はバランス接続時で300mW、アンバランス接続時で150mW。XLRバランス出力やヘッドホン端子のほか、光デジタル音声出力、RCAのアナログ音声出力、microSD/SDHCカードスロットを装備。サイズはW150×D157×H34mmで、重量は約630g。USBケーブル、ゴム足などが付属する。

人気記事

一覧

新着記事

テリー伊藤、高畑淳子への影響を心配「バカ息子と一緒…共倒れの可能性が」
[11:06 8/28] エンタメ
松本人志、高畑裕太容疑者の母・淳子に苦言「息子にしっかりと怒りを」
[11:01 8/28] エンタメ
ラブリ「まだまだ恋愛をしたいです」初の写真詩集を出版
[11:00 8/28] エンタメ
Linuxが最初にリリースされた時のアナウンスメールからわかること
[11:00 8/28] 企業IT
自腹で買ったカバン、今までの最高額は何円?
[11:00 8/28] マネー