MRJ、約1時間30分の初飛行を終え無事着陸 - 今後の予定は?

 

三菱航空機および三菱重工業が開発中の次世代のリージョナルジェット機である「MRJ(Mitsubishi RegionalJet)」は、11月11日11:05頃に飛行試験機初号機による初飛行を終え、県営名古屋空港に着陸した。

初飛行は約1時間30分となった

初飛行となった飛行試験機初号機は2014年10月18日にロールアウトし、操舵用ペダルの改修などの理由で5度の延期を経て、11月11日に初飛行となった。10月29日には国土交通省航空局より飛行許可を取得し、高速走行試験などを実施し、今回の初飛行に臨んだ。同機は11日09:40頃に離陸し、11:05頃に着陸した。

ローンチカスタマーであるANAは、2008年3月に25機(確定15機、オプション10機)を発注。飛行試験機5号機はANAの塗装仕様にて、国内での飛行試験を実施する見通しとなっている。また、JALも2015年1月に32機を確定発注しており、JALへの納入は2021年に開始される予定となっている。

今後は各種飛行試験を集中的に実施するとともに量産機の製造を加速することで、計画通り2017年第2四半期の量産初号機を納入を目指す。2015年10月1日には型式証明統括部を新設、これと並行して高水準のカスタマーサポート体制を構築していく。

MRJは「YS-11」以来約50年ぶりとなる国産旅客機。YS-11は昭和48年(1973)までに全182機が生産され、一時は国内線を席巻するほどだったが、現在は航空自衛隊機だけとなっている。MRJはANAやJALのほか、JALが発注した時点で407機(確定受注223機、オプション160機、購入権24機)を受注している。

(c)2015 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. All Rights Reserved.

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

北島三郎、ダウンタウン&坂上に『紅白』の裏側暴露 - 美空ひばりの思い出も
[09:05 7/29] エンタメ
トップ人材育成へ、東大らがセキュリティ演習環境を東京・八重洲に設置
[09:00 7/29] 企業IT
離島問題の解決なるか! ヤマトが進める漁業支援とは
[09:00 7/29] 経営・ビジネス
ロレアルの取り組みに学ぶ、企業が“社会的責任”を果たす意義
[09:00 7/29] 企業IT
Mac Fan 9月号発売! 特別付録は「MacでSwiftプログラミング」
[09:00 7/29] パソコン