Windows 10の新ブラウザの正式名称は「Microsoft Edge」

米Microsoftは4月29日(現地時間)、「Windows 10」(今夏リリース予定)に搭載する新しいWebブラウザの正式名称を「Microsoft Edge」にすると発表した。新ブラウザは、これまでProject Spartanという開発コードネームで呼ばれていた。

EdgeはモダンWeb対応を進めるブラウザであり、その核となる新しいレンダリングエンジンの名称も「Edge」である。Edgeという名称は「先進性」や「鋭さ」をイメージさせ、Windows 10においてレガシーWebサイト向けのソリューションになるInternet Explorerに対して、次世代Webブラウザという印象をユーザーに与えられる。

Edgeはコンテンツを目立たせるシンプルなデザインになっており、ノートテーキング、リーディングモード、Cortana統合といった新機能を備える。29日に始まったMicrosoftの開発者カンファレンス「Build 2015」(米サンフランシスコ)のキーノートで同社は、パーソナライズされる新しいタブページとWebベースの拡張機能のデモを披露した。

アシスタント機能「Cortana」のパーソナライズが反映される新しいタブページ

Pinterestの拡張機能、ChromeやFirefox向けの拡張機能をベースに簡単にEdge向け拡張機能を提供可能

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事