「Windows 10」最新記事一覧

Windowsの次期OS、Windows 10に関するニュースや新機能、ハウツーを掲載。

関連キーワード

ヘッドライン

Windows 10 Creators Updateで強化されるEdgeのサンドボックス機能 - 阿久津良和のWindows Weekly Report

正式なリリースが近づいてきたWindows 10 Creators Updateでは、数多くの機能強化が図られている。中でも興味深いのが、Microsoft Edgeのサンドボックスだ。サンドボックスは保護領域でソフトウェアを実行し、システムに対する不正操作を防ぐセキュリティ技術だが、Microsoftの公式ブログによると大幅な改良が加わったという。

[20:38 3/27]

【特別企画】スマホ世代の大学生必見! ライバルに差をつけるPCスキルとは

学生にとって、今の時期気になるのが就職活動だ。しかし、やるべきことはやっているつもりでも、どこか自分に自信が持てない人も多いのではないだろうか。都内の某大学に通うダイスケくんも、企業研究やOB訪問に動き出したが、そんな不安に駆られていた。ダイスケくんは、とある飲料メーカーに勤務する入社3年目のアカネ先輩に声をかけ、相談に乗ってもらうことにした――。

[12:00 3/27]

Windows 10ミニTips 第170回 外出時に備えてWindows Updateを無効にする

Windows 10 Creators Update以降は、従量制課金のネット接続と設定していても、Windows Updateによる更新プログラムがダウンロードされてしまう可能性がある。外出先でスマートフォンのテザリングを利用している場合など、通信容量を食い潰しかねないので、Windows Update機能を一時的に無効化する方法を紹介しよう。

[00:00 3/25]

Windows 10ミニTips 第169回 Creators Update以降、従量課金のネット接続でも更新プログラム適用か

間もなく登場するであろうWindows 10 Creators Updateでは、更新プログラムの適用タイミングが変更される。今回はWindows 10 バージョン1607との違いを解説しよう。「Windowsをスムーズに実行するために必要」な更新プログラムは、従量課金の接続であっても自動ダウンロード……?

[00:00 3/24]

Windows 10ミニTips 第168回 Windows 10の「Hotspot 2.0」は有効にすべき?

Windows 10の「設定」に並ぶ「ネットワークとインターネット/Wi-Fi」には、「Hotspot 2.0ネットワーク」セクションがある。だが、説明文も簡素なため、Hotspot 2.0がどのような機能で、スイッチオン/オフどちらがよいのだろう。今回はHotspot 2.0の概要と対応の有無を確認する方法を紹介する。

[00:00 3/18]

Windows 10ミニTips 第167回 Windows 10で「subst」コマンドは使えない?

Windows 10では、パスをドライブ文字に関連付ける「subst」コマンドが事実上使えない。今回は特別に、レジストリを用いて同様の結果を得てみよう。よく使うフォルダーにドライブ文字を割り当てておくと、「m:」など短い入力操作で目的のフォルダーにアクセスできるようになる。

[10:10 3/17]

Windows 10 Insider Previewを試す(最終回) - Creators Updateの準備が整いつつあるビルド15058登場

2017年3月14日(以下すべて米国日時)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15058を、ファーストリングを選択したPC向けにリリースした。3日前にリリースしたビルド15055と同様にバグフィックスを中心としたビルドである。

[16:34 3/15]

Windows 10 Creators UpdateとHMDデバイスがもたらす変化 - 阿久津良和のWindows Weekly Report

もうすぐ姿を現す「Windows 10 Creators Update」では、VR/MRデバイスをOSレベルでサポートする。また、「Windows Holographic」改め「Windows Mixed Reality」対応PCと組み合わせるヘッドマウントディスプレイ (HMD) がパートナー企業からリリースされる予定だ。1月に開催されたCES 2017では、5社がHMDデバイスを公開した。

[16:31 3/13]

Windows 10 Insider Previewを試す(第87回) - 「バージョン1703」を明示したビルド15055登場

2017年3月11日(以下すべて米国日時)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15055を、ファーストリングを選択したPCとモバイル向けにリリースした。本ビルドでも大きな変更点はないものの「バージョン1703」が確定し、その他はバグフィックスが中心となる。

[14:51 3/13]

Windows Vista、延長サポート終了まで1カ月を切る

「Windows Vista Service Pack 2」の延長サポート終了まであと1カ月を切った。同OSは2012年4月にメインストリームサポートを終了しており、延長サポートが2017年4月11日に終了する。

[07:00 3/13]

Windows 10ミニTips 第166回 「desktop.ini」は削除しても大丈夫?

Windows 9x時代からずっと使われている「desktop.ini」とは? 今回は、desktop.iniの仕組みを利用して、日本語表記を無効にする手順も紹介する。

[00:00 3/11]

Windows 10ミニTips 第165回 Officeをインストールせずに、エクスプローラーでOffice文書を検索可能に

Office 365もしくはOffice 2016をインストールせずとも、エクスプローラーの検索機能(インデックス検索)でOfficeファイルの内容を検索できる。

[00:00 3/10]

IDC、Windows 7延長サポート終了時に「PCの買い替え急激に進む」と警鐘

IDC Japanは3月7日、2020年1月に予定されているWindows 7の延長サポート終了(EOS:End of Support)に向け、国内企業で主に利用されているWindows 7のWindows 10への切り替え行動に関する調査結果を発表した。

[10:03 3/8]

Windows 10 Insider Previewを試す(第86回) - 小刻みな更新が続くビルド15048

2017年3月3日(以下すべて米国日時)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15048を、ファーストリングを選択したPC向けにリリースし、モバイル版はビルド15047をリリースした。今回の変更点は特にアナウンスされず、バグフィックスに終始している。

[17:13 3/6]

ストアアプリのみインストール許可、MSの「UWPアプリ推し」戦略 - 阿久津良和のWindows Weekly Report

Windows 10 Insider Preview ビルド15042に、気になる設定項目が追加された。「アプリのインストール元の場所を選択してください」がそれだ。もちろんCB (Current Branch) であるWindows 10 バージョン1607にはない新項目である。

[17:04 3/6]

Windows 10ミニTips 第164回 うるさい? アクションセンターの通知を無効にする

アクションセンターの通知はユーザーに各種情報を知らせる有用な機能だ。しかし、集中しているときは邪魔に感じるユーザーも多いはず。今回はこのトースト通知を無効にする方法を紹介しよう。

[00:00 3/4]

Windows 10ミニTips 第163回 タスクバーにピン留めしたコマンドプロンプトを管理者権限で実行する

タスクバーにピン留めしたコマンドプロンプトは、そのままだと一般ユーザーで起動することになる。今回はこのコマンドプロンプトを管理者権限で実行可能にしよう。

[00:00 3/3]

Windows 7が依然として人気 - 2月OSシェア

Net Applicationsから2017年2月のデスクトップOSシェアが発表された。2017年2月はWindowsのシェアが増加し、MacとLinuxはシェアを減らした。バージョン別に見ると、Windows 7とWindows 8がシェアを増やし、Windows 10、Windows XP、Windows 8.1、Windows Vistaがシェアを減らしている。Macでは最新版となるMac OS X 10.12へシェアが移行しており、それ以外のバージョンのシェアが減っている。

[11:00 3/2]

Windows 10 Insider Previewを試す(第85回) - Windows Defenderセキュリティセンターが本格稼働するビルド15046

2017年2月28日(米国日時)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15046を、ファーストリングを選択したPC向けにリリースした。モバイル版のリリースは見送られている。本ビルドではWindows 10 Creators Updateに向けて行ってきた実験を終え、アイコンデザインや配色などに再び手を加えた。

[15:02 3/1]

SMBにゼロデイ脆弱性、MSは3月のアップデートで対処か

Threatpostに2月28日(米国時間)に掲載された記事「Unpatched SMB Zero Day Easily Exploitable |Threatpost|The first stop for security news」が、WindowsのServer Message Blockプロトコルの実装に存在している脆弱性について伝えた。該当する脆弱性を突くPoCコードがすでにGitHubで公開されている。Microsoftは3月以降のセキュリティアップデートでパッチを提供するものと見られる。

[14:13 3/1]

Samsung、2-in-1 PC「Galaxy Book」発表、Sペンとキーボードカバー付属

韓国Samsung Electronicsは2月26日(スペイン時間)、Windows 10を搭載した2-in-1デバイス「Galaxy Book」を発表した。パフォーマンスとプロダクティビティを優先した12インチモデルと、タブレットとしての使い勝手と携帯性に優れる10.6インチモデルの2つのラインナップとなっている。

[08:55 2/27]

Windows 10ミニTips 第162回 Windows 10でも「信頼性モニター」は役に立つ?

アプリケーションの安定性やデバイスドライバーの更新などを通知する「信頼性モニター」は、Windows 10でも使えるのだろうか。今回は信頼性モニターの使い方などを紹介する。

[00:00 2/25]

Windows 10ミニTips 第161回 PDFファイルの関連付けをMicrosoft Edgeから変更する

Windows 10では、PDFファイルに対する標準の関連付けがMicrosoft Edgeになっている。これを、他のPDFリーダーに変更する手順を紹介しよう。

[00:00 2/24]

Windows 10の「メール」と「カレンダー」アップデート、優先トレイなど追加

米MicrosoftがWindows 10の「メール」と「カレンダー」をアップデートし、優先 (Focused)受信トレイやメンション(Mentions)、カレンダーイベントのカラーカテゴリー分けなどを追加する。新機能はOutlook.comとOffice 365アカウント向けに数週間の内にロールアウトされる。

[09:43 2/23]

サポート期間が異なるWindows 10 CBとCBB - 阿久津良和のWindows Weekly Report

Windows 10のサポート期間は、バグフィックスや機能改善を行うメインストリームサポートが2020年10月13日まで、セキュリティホールへの対応などを行う延長サポートが2025年10月14日と定められている。しかし、これを額面どおりに受け取ってはいけない。Windows 10は、サービスとして「常に進化するOS」だからだ。

[20:46 2/20]

Windows 10ミニTips 第160回 削除したMS-IMEを復活させる方法

何らかの理由で削除したMicrosoft IME(MS-IME)は、「言語」から簡単にインストールできる。前回はMS-IMEの削除方法を紹介したので、今回は一度削除したMS-IMEを再インストールする手順だ。

[00:00 2/18]

Windows 10ミニTips 第159回 MS-IMEは削除できる?

サードパーティー製の日本語入力システムを使っている場合、Microsoft IME(MS-IME)を利用する機会は少ない。そこでMS-IMEの削除方法を紹介する。

[00:00 2/17]

Windows 10 Cloudは、Windows RTの失敗を繰り返すか? - 阿久津良和のWindows Weekly Report

Microsoftは「Windows 10 Cloud」という新エディションの追加を計画している。このWindows 10 Cloudはクラウド技術と直接関係はない。Googleの「Chromebook」やAppleの「iPad」と競い合うため、Microsoftが用意したプランの1つだ。

[18:35 2/13]

Windows 10ミニTips 第158回 コマンドラインからWindows 10の機能を有効・無効にする

Windows 10では、一部の機能を「Windowsの機能」から有効化・無効化できる。ただ、GUIベースの操作は意外と面倒なため(特に再セットアップ時など)、「Dism.exe」を使った方法を紹介する。

[00:00 2/11]

Windows 10のコルタナさんに新機能、メールを分析してリマインダを自動作成

米Microsoftは2月9日(米国時間)、Windows 10のパーソナルアシスタント「Cortana」の機能拡張を発表した。メールの内容をCortanaが分析し、新しいリマインダを自動的に作成してくれる。

[19:21 2/10]

Windows 10 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年

このキーワードについて (パソコン>Windows>Windows 10)

Windows 10 トップへ
Windowsの次期OS、Windows 10に関するニュースや新機能、ハウツーを掲載。

人気記事

一覧

新着記事