「Windows 10」最新記事一覧

Windowsの次期OS、Windows 10に関するニュースや新機能、ハウツーを掲載。

関連キーワード

ヘッドライン

Insider Previewでその一端を見せた「Windows TimeLine」 - 阿久津良和のWindows Weekly Report

「Windows TimeLine」は、ユーザーのアクティビティ(活動)履歴をクラウドに記録し、異なるデバイス間で活用できる機能。「Fall Creators Update」では搭載が見送りとなっていたが、11月16日にリリースされたWindows 10 Insider Preview ビルド17040でその一端が見えてきた。

[21:45 11/20]

Windows 10ミニTips 第234回 使わないWi-Fi(無線LAN)アクセスポイントを非表示にする

Wi-Fi(無線LAN)のアクセスポイントに接続するとき煩わしいのは、画面上の接続先リストに、接続したいSSID(ネットワーク名)以外のSSIDが表示されることだ。今後も利用することがないSSIDなら、そのSSIDをブロックリストに登録しておくとよいだろう。

[00:00 11/20]

Windows 10ミニTips 第233回 自動メンテナンスで実行されるデフラグはGUI版? CUI版?

Windows 10のデフラグ機能は、いろいろな呼び出し方法がある。GUI版デフラグのスケジュール、OSのタスクなどだ。では、定期的に実行する自動メンテナンスと衝突しないのだろうか? 自動メンテナンスはPCのストレージ、SSDやHDDに合わせて最適な処理を実行する機能だ。

[10:00 11/19]

Windowsスマートチューニング 第444回 Win 10編: バッテリー駆動時は検索インデックスの作成を無効に

こんにちは、阿久津です。Windows 10が稼働するモバイルデバイス利用時、気になるのがバッテリー消費です。バッテリー駆動時は、不用なアプリケーションの動作をできる限り抑止したいものですが、Windows 10にはもの足りない部分があります。今月は、バッテリー駆動時に検索インデックスの作成を無効にするチューニングをご紹介しましょう。

[00:00 11/15]

Windows 10で高度なセキュリティを確保するためのハードウェア要件

Microsoftは11月5日(米国時間)、「Standards for a highly secure Windows 10 device|Microsoft Docs」において、「Windows 10 Fall Creators Update (1709)」をセキュアに利用するために必要となるハードウェア要件を伝えた。デスクトップ、ラップトップ、タブレット、2-in-1、モバイルワークステーション、モバイルデスクトップを対象に、セキュリティ機能が有効になるハードウェア要求を紹介している。

[13:44 11/13]

Windows 10ミニTips 第232回 アプリが自動的に起動する問題は回避できるか

Windows 10 バージョン1709(Fall Creators Update)では、OSの再起動、もしくはシャットダウンからの次回起動後に、それまで起動していたアプリケーションが自動的に起動することがある。理由はシャットダウン・再起動の仕様(?)変更にあった。

[00:00 11/11]

Windows 10ミニTips 第231回 人物も場所も認識する「フォト」の新検索機能とは

Windows 10の「フォト」はローカルフォルダーやOneDriveフォルダーなどから、写真や画像といったファイルのサムネイルを作成し、ビューアーや簡単な編集を行うアプリケーションだ。Windows 10 バージョン1709時代の「フォト」は、コグニティブサービスを利用したインデックス作成機能を備えるようになった。

[17:56 11/10]

Windows 10プレビュー版17035リリース、日本語IMEに女子高生AI「りんな」

米Microsoftは11月8日 (現地時間)、Windows InsidersのFastリングにPC向けの「Windows 10 Insider Preview Build 17035」の提供を開始した。女子高生AI「りんな」による日本語IMEの入力候補サポート、Microsoft Edgeの「Mute Tab」、近くのWindows 10 PCとワイヤレス経由でファイル/データを共有する「Near Share」など、数多くの新機能の実装が行われている。

[08:48 11/9]

Windows 10の無償アップグレードが2017年12月31日で完全終了 - 阿久津良和のWindows Weekly Report

Microsoftは、Windows 7およびWindows 8.1から、Windows 10への無償アップグレードを2017年中に完全終了すると明かした。一般ユーザー向けには2016年7月29日で終了した無償アップグレードだが、その後も障がい者向け支援の一環として提供を続けていた。

[14:36 11/6]

Windows 10ミニTips 第230回 稼働しているプロセスのコマンドライン情報を知る

Windows 10で稼働するプロセスに目をとおし、そのプロセスが意図するものなのか、それともマルウェアなどが呼び出したプログラムなのか、判断する術を身に付けておきたいもの。今回は、タスクマネージャーでコマンドライン情報を表示する手順と、必要性を紹介する。

[00:00 11/4]

Windows 10ミニTips 第229回 OneDriveの再構成を求められる原因

今回は筆者の失敗談を笑い飛ばしていただきたい。Windows 10の各種設定を変更しながら動作検証していたところ、OneDriveが同期されなくなってしまった。OneDriveフォルダー内に同期を妨げる問題が発生すると、「OneDriveの再構成」を求められる。今回はこの原因を取り除く方法を紹介しよう。

[00:00 11/3]

Windows 10優先のセキュリティ対策にGoogleが批判 - 阿久津良和のWindows Weekly Report

Googleは以前からゼロデイ攻撃撲滅を目的としたProject Zeroチームを結成し、活動してきたが、その公式ブログにとある記事を投稿した。端的に述べると"MSがWindows 10を優先し、Windows 7/8.1に対するセキュリティパッチ提供が不十分"というものだ。

[16:13 10/30]

Windows 10ミニTips 第228回 Fall Creators Updateに更新してもOneDriveオンデマンドが使えない!?

一部の環境でOneDriveクライアントが更新されず、OneDrive File-on-Demand機能が利用できないという。その場合はOneDriveクライアントを手動で更新しよう。ダウンロードした「OneDriveSetup.exe」を実行すれば、ウィザードも起動せずにクライアントをそのまま更新する。後は「設定」タブでOneDriveオンデマンド機能を有効にすればよい。

[00:00 10/28]

Windows 10ミニTips 第227回 「マニフェストで不明なレイアウト~」で起動しない「ストア」

原因は不明だが、「ストア」が起動しない現象が発生している。筆者の環境では、Windows Mixed Realityコンテンツを起動した後に、「ストア」が起動しなくなった。今回は対症療法ではあるが、この問題を回避する方法を紹介しよう。同様もしくは似たトラブルに遭遇したら、思い出していただけたら幸いだ。

[00:00 10/27]

Windows 10の新機能でランサムウェアによるファイル暗号化を防ぐ方法

Microsoftは10月23日(米国時間)、「Stopping ransomware where it counts: Protecting your data with Controlled folder access|Windows Security blog」において、Windows 10 Fall Creators Updateで導入された新たな機能を使ってランサムウェアの脅威を低減する方法を伝えた。具体的には、許可されたアプリケーションのみがアクセスできるフォルダを設定することで、ランサムウェアがファイルを暗号化する脅威を軽減できるという。

[09:48 10/25]

SteamVR対応でWindows MRのキラーコンテンツは出てくるか - 阿久津良和のWindows Weekly Report

Windows 10 Fall Creators Updateリリースに合わせる形で、Windows Mixed Reality(以下、MR: 複合現実)デバイスが国内で発表された。いまのところWindowsストアの特設コーナーでは40~50ほどのコンテンツ数だが、SteamVRとの連携により大型のゲームタイトルも楽しめるようになるかもしれない。

[20:30 10/23]

Windows 10ミニTips 第226回 「復元ポイント」はもう不要?

たまった復元ポイントは「ディスククイーンアップ」を使えば簡単に削除できる。現時点で断言するのは難しいが、そろそろ「復元ポイント」は不用かもしれない。概要は「Windows 8.1ミニTips」の第83回を参照いただきたいが、Windows 10は既定設定で復元ポイント機能を無効にしている。

[00:00 10/21]

Windows 10ミニTips 第225回 無線LAN接続環境を「見える化」する

Windows 10では無線LAN接続に関する多くの情報を取得しているが、それを目にする方法は少ない。「どうも最近調子が悪い」と感じるときに試してほしいのが、Wi-Fiセッションレポート作成機能だ。3日間におけるWi-Fiイベントを、既存ログを元にHTMLファイルとして生成して、いつネットワークに接続したか、切断したか、スリープモードになったなどを確認できる。

[00:00 10/20]

「Redstone 3」アップデート対応版!! すべてが分かるWindows 10大百科

2015年7月のバージョン1507(Threshold 1)から始まったWindows 10は、2015年11月のバージョン1511(Threshold 2)、2016年8月のバージョン1608(Redstone 1)、2017年4月のバージョン1703(Creators Update: Redstone 2)と3回の機能更新プログラムを経て、バージョン1709=Fall Creators Updateにたどり着いた。本稿は既存の特集記事を補完する形で、最新のWindows 10に関する改善点や変更ポイントを余すことなく紹介する。

[15:25 10/19]

Windows 10 Fall Creators Update、注目の新機能・変更点まとめ

Microsoftは10月17日(米国時間)から、Windows 10の最新アップグレードバージョンとなる「Windows 10 Fall Creators Update」の提供を開始した。ユーザーへのアップデートは順次提供される見通し。Windows 10 Fall Creators Updateにはこれまでの開発成果が取り込まれており、注目の新機能が導入されている。

[10:00 10/19]

「Windows 10 Fall Creators Update」リリース、アップデート方法は?

米Microsoftは10月17日 (現地時間)、太平洋時間の午前10時にWindows 10の大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」の提供を開始した。アップデート方法として、MicrosoftはWindows Updateの自動更新を待つことを推奨しているが、ユーザーがマニュアルでアップデートできるオプションも用意している。

[05:11 10/18]

「さよなら」Windows Phone、それとも「またね」? - 阿久津良和のWindows Weekly Report

「さよならWindows Phone」。この言葉が頭をよぎるのは何度目だろうか。正直に述べれば筆者はWindows Phone 7.xを搭載したIS12Tは使っておらず、本当の別れを体験したわけではないのだが、それ以外の言葉が当てはまらないのである。そろそろWindows PhoneからSIMカードを抜く時が来たかも知れない。

[17:11 10/16]

Windows 10ミニTips 第224回 アップデートで壊れた「ごみ箱」を修復する

「ごみ箱」の実体である「$RECYCLE.BIN」フォルダーを開くと、「S-1-5-21……」で始まるアクセスできないフォルダーがいくつも並ぶことがある。今回はこの状態の解消方法を紹介する。「Windows 10 Fall Creators Update」適用時に発生する可能性があるので、参考にしてほしい。

[00:00 10/14]

Windows 10ミニTips 第223回 WMP12をFall Creators Updateで復活させる

可能性は低いものの、Windows 10 Fall Creators Updateでは、Windows Media Player 12が削除されるかもしれない。筆者が日常的に使用しているWindows 10 Insider Preview ビルド16229.15では確認できていないが、一部の環境では日本語フォントが削除されたという意見や、Windows Media Player(WMP) 12が使えなくなったケースが散見される。

[00:00 10/13]

Windowsスマートチューニング 第443回 Win 10編: インストール前のWindows 10にレジストリ編集を

こんにちは、阿久津です。今回はインストール前のWindows 10セットアップファイルに対して、レジストリ編集を行うチューニングをご紹介します。Windowsイメージの展開や管理を行う「Dism.exe」を使えば、簡単に実行可能です。Rufusなど起動可能なUSBメモリーを作成するツールを使えば、チューニング済みWindows 10を容易にインストール・展開できます。

[00:00 10/12]

パパとママに聞く「子どものPC選び」第2回 - 「親の想像を超える」子どもとPCの付き合い方

スマートフォンやタブレットの影響で「若者のPC離れ」なんていわれるPC。しかし、学校教育でもPCが活用され、ますます子どもにとって切っても切れないデバイスになる。子どもにPCを選ぶときにどんなことがポイントになるだろうか。デジタル機器に詳しいライターの方々に「もし自分の子どもにPCを選ぶなら」ということでいろいろと考えてもらった。第2回は「Windows Weekly Report」や「Windows 10ミニTip」でおなじみの阿久津良和さん。

[21:37 10/11]

Windows 10 Mobileの新ハード「注力しない」、Microsoft幹部がツイート

米MicrosoftでOSブループ担当副社長を務めるJoe Belfiore氏(the Operating Systems Group担当副社長)のツイートが注目を集めている。該当のツイートはユーザーからの質問に回答したもので、同氏は今後Windows 10 Mobileの新しいハードウェアを製造しない考えを示した。

[15:13 10/10]

日本上陸を果たせぬまま終了する「Groove Music Pass」 - 阿久津良和のWindows Weekly Report

既報のとおりMicrosoftこのほど、「Windows Store」における楽曲購入とダウンロード、サブスクリプション型音楽配信サービス「Groove Music Pass」を2017年内で終了すると発表した。Zune Music PassからXbox Music Passと改称を重ね、欧米やオーストラリアでサービスを展開して来たものの、日本上陸を果たすことなく終了となる。

[14:18 10/10]

Windows 10ミニTips 第222回 タスクバーにピン留めしたボタンのアイコンを変更する

タスクバーにアプリケーションをピン留めした場合、特定のアイコンが自動的に付与される。場合によっては、好みのアイコン(ボタン)へと変更したくなることもあるだろう。このタスクバーにアプリをピン留めした際の情報はショートカットファイルのため、簡単な操作でアイコン(ボタン)を変更することが可能だ。

[00:00 10/7]

Windows 10ミニTips 第221回 そのアプリはWin10で動作する? 互換情報をチェック

Windows 10は2015年7月にリリースした無印版(ビルド10240、released in July 2015)から始まり、バージョン1511(November Update)、バージョン1607(Anniversary Update)、バージョン1703(Creators Update)と機能更新プログラムを重ねてきた。こうしたバージョンによって若干の差が生じているWindows 10だが、「Ready For Windows」を使ってアプリケーションの互換性を確認できる。

[00:00 10/6]

Windows 10 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年

このキーワードについて (パソコン>Windows>Windows 10)

Windows 10 トップへ
Windowsの次期OS、Windows 10に関するニュースや新機能、ハウツーを掲載。

人気記事

一覧

新着記事