Microsoft、「Windows 10」の目標は3年以内に10億デバイス突破

Yoichi Yamashita  [2015/04/30]

米Microsoftは今年夏にリリースする予定の「Windows 10」について、搭載デバイスの10億台到達を提供開始から2-3年で達成する目標を立てている。4月29日(現地時間)に米サンフランシスコで始まった同社の開発者カンファレンス「Build 2015」で、OSグループのエグゼクティブバイスプレジデントであるTerry Myerson氏が明らかにした。

Windows 8のライセンス販売は2億本突破までに15カ月を要したが、Windows 10でMicrosoftはあらゆる種類のデバイスに共通のコアを搭載し、アプリストアやアプリ開発環境も1つに統合する。そのためWindows 10デバイスには、デスクトップPC、ノートPC、タブレット、スマートフォン、Xbox、Surface Hub、HoloLensなどが含まれる。またリリースから1年間、Windows 8.1およびWindows 7には無料アップグレードとして提供されるため、現在およそ15億台あると見られるWindows PCの多くで1年以内にWindows 10へのアップグレードが進む可能性が高い。Myerson氏によると、これまでに10億台を超えたプラットフォームバージョンは存在せず、Windows 10が初の10億台超えを達成する可能性がある。

Microsoftの目標通りに進むと2018年の夏までに10億台に到達することになるが、ネット上では「それまでWindows 11は登場しないのか?」という議論が起こっている。MicrosoftはWindows 10からWindowsをサービスとして提供し、これまでのように次期メジャーバージョンのリリースを待つことなく新機能をアップデートしていく。メジャーバージョンにこだわる必要がなくなり、1月にMicrosoftが開催した特別イベントでMyerson氏は「どのバージョンのWindowsを使っているかという質問には意味がなくなる」と述べていた。2018年の夏までにWindows 11やWindows 12に相当するような進化をWindows 10が遂げている可能性があるが、そうしたバージョンアップを含めて今年の夏に登場する新しい世代のWindowsを搭載したデバイスが「Windows 10デバイス」になる。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

マイナンバーカードを利用した「オンライン本人確認サービス」 - GMOグローバルサイン
[18:09 5/25] 企業IT
名古屋鉄道デキ400引退! 「ありがとうデキ記念乗車券」など6/4から販売開始
[18:08 5/25] ホビー
四日市あすなろう鉄道新260系、ローレル賞を受賞 - 厳しい条件の克服が評価
[18:03 5/25] ホビー
テクトロ、アナログ/任意/デジタルを統合した3in1波形ジェネレータを発表
[18:02 5/25] テクノロジー
ブルース・ウィリス最新作、6月25日公開! スリリングな予告映像も
[18:00 5/25] エンタメ

特別企画 PR