猫の歯磨きを実践してみた - 画像大量

人間のためのオーラルケアはたくさん種類がありますが、人間のものと同様、ペットの歯磨きグッズも進歩を遂げています。本来肉食獣である猫が人間と暮らすようになり、キャットフードを食べるようになってから、ペットにもオーラルケアは必要になったと言われています。でも、猫の歯磨きは動物自身が自主的にしてくれるものではなく、飼い主がしてあげなくてはいけません。

「興味はあるけどやったことがない」「うちの子には無理なんじゃないか……」と思っている方が多いのではないでしょうか。筆者もその一人です。猫の歯磨きを経験したことがない筆者と、11歳の愛猫のレオン(おそらく歯磨き未経験)がチャレンジしてみます!

オーラルケアグッズの紹介

今回使用するオーラルケアグッズが自宅に送られてきたのですが……その数を見てびっくり! 一口にオーラルケアと言ってもこんなに種類があるのですね。なにせ初めてなので今回は全部試してみます。

「ん?なにしてるんだ? 」と撮影中にレオンさん乱入です。これから歯磨きをしますよ~。

レオンさん本人は、少々けげんな顔。大丈夫! こんなに種類があるんだから試してみよう!

歯磨きは子猫の頃から慣らさないと不可能というイメージを持たれている方も多いと思います。さて、レオンさんはどうでしょうか? まずはこちらから使ってみます。指にフォットする「すき間もみがける波型フィンガー歯ブラシ」です。

まず、人差し指にフィンガー歯ブラシを装着します。とても柔らかくケガの心配もないので安心。指の腹にギザギザがくるようにします(磨く時は親指で余った根元を押さえて使用します)。

軽く水で湿らせます(歯磨きジェルをつけても良いそうです)。

片手でレオンを抱っこしてチラリと見える尖った歯から磨いてみましょう。変な顔をしています……が、構わず続けます!

歯に沿って軽くこするようにして磨いていきます(本来は親指をフィンガー歯ブラシの根元に添えるのですが、口元を固定するために我が家では添えていません)。

奥の歯もぐいぐい磨いていきます。酷い顔になっていますが、レオン本人はそこまで嫌がっていません。

少しグイっと力を入れても、柔らかな素材なので猫の口内への負担は少ないです。力加減が分からない「歯磨き初心者な飼い主」にとっては嬉しい素材です。

ぐいっと脇を持ち上げると歯が出るので、そこを磨きます。口を開けてくれなくても歯磨きできるのが良いですね。

今度は反対側も磨いていきます。猫の体が安定する体勢であれば、どんな格好でも大丈夫です。

下の歯も上の歯もぐいぐい磨きます。

指がしっかりと歯にあたる感覚があるので、飼い主も安心して磨く事ができました!

噛みぐせのある猫ちゃんだと、口を開けた時にちょっと注意が必要かもしれませんね。さて、レオンが「もうやめろ」と言っているので一旦休憩して、次のアイテムを試してみましょう!

ペット用の歯ブラシ

今度は「ツインヘッド歯ブラシ」を使います。片方は先ほどのようなスポンジタイプになっていて、もう片方は人間のハブラシのような形状です。

さて、猫を抱っこして補定します。まずはスポンジの方から試してみます。

やんわり拒否されました(両手でブロックしようとしています)。やはり棒の形をしているので、歯磨きに慣れてないうちの子にとっては、急には受け入れ難かったのかもしれません。

でも、口にあたる感触は先ほど使用したフィンガー歯ブラシと一緒なので、そんなに違和感はないはず。ちょっと警戒していますが、大人しく磨かれています。

人間の指が口に入らないので、噛まれたりする心配はありませんね。棒状の形をしていますが、柔らかいスポンジの素材が使われているので、万が一猫が暴れても安全。

フィンガー歯ブラシほどぐいぐいとは磨けないのですが、奥歯もしっかり磨けます。

レオン本人は、ちょっと棒が気に喰わないみたいです(顔が怖い……)。

こちらの商品のメリットは、ちょっとした口の隙間にひょいと入り込めるので前歯も簡単に磨けてしまうところ! 噛み癖がある子だと前歯を磨くのは少し危険ですからね。

前歯は問題ないのですが、このタイプの歯ブラシを使うと、猫が奥歯を磨かれるのを嫌がってしまいました。外側から飼い主が上手く磨けるようにならなければなりませんね。

ブラシタイプの歯磨き

次に、人間と同じブラシタイプの歯磨きに挑戦です!

これまで使ってきたものとは異なり、固い感触なので違和感を覚えるレオン。

しかし、意外にもすんなり口を開けてくれて前歯を磨く事ができました。歯に当たる面積がとても少ないので、ポイントを絞って磨くことができますね!

ブラシでぐいぐいと磨くのは不安だったのですが、とても小さくヘッドが作られているので、そんなに押し込まなくても猫の口元にぴったりフィットします!

口内の歯をまんべんなく磨いていきます。

片手で口元をぐいっと持ち上げて磨くととても磨きやすいです。奥歯までしっかり歯ブラシが届いています。

棒に若干の拒否反応を示しましたが暴れる事も無く上手にできました!

歯磨きシート

今度は歯磨きシートに挑戦です。

ウィットシートタイプで、一枚ずつ取り出して使う事ができます。

指に巻き付けて使用します。

フィンガー歯ブラシと使用法は似ているのですが、フィンガー歯ブラシよりも歯への辺り心地が柔らかく、スポンジの感触が苦手な猫でもこれなら問題なく歯磨きをすることができるかもしれません。

特に味も匂いもしないので、磨いている間は非常に大人しくしていてくれました。

シートタイプの良いところは、そのままお口回りのお掃除にも使えるところ。ちょっとした場所にも細かく対応できるのが嬉しいですね。

ブレススプレー

最後は口臭対策、ブレススプレーを使用してみます。

お食事の後や、お口のにおいが気になる時にしゅっとひと吹きして使います。クランベリーの優しい香りがします。

食べて歯磨きをするオヤツ

さて、ここまで実際に歯磨きをしてきましたが、どうしてもオーラルケアを拒否する猫ちゃんにオススメなのは、こちらです。

食べるだけで歯磨きができるおやつです。「歯垢がとれる! 息キレイ!」などの表記があります。

おやつには、「ブラッシングスクラブ」「ピロリン酸ナトリウム」「ポリリジン」の3つの成分が配合されており、このため食べるだけで歯磨きの効果があるというわけです。

見た目は普通のニボシです。たまらずレオンが乱入してきます。美味しそうなものには目がありません。

あげてみると、レオンはしっかり噛んでくれました。これでオーラルケアができるなんてすごい!

反対側の歯でもしっかり噛んでます。レオンは早食い一気食いタイプなので、このように噛み応えのある大きなニボシが合っているみたいです。

一日当たりの給餌量もきちんと記載されています。にぼしは約2gを目安にする(6cmのにぼしで3本程度)とのこと。

にぼし以外にも、かつおぶしタイプもあります。一日の接種量は2gなので、1.5枚程度。すこしちぎって与えました。いい匂いがするのか、大興奮です。

ものすごい食いつきであっという間に半分をたいらげてしまいました。美味しすぎて噛んでない気がします……。

かつおぶしはパリパリに乾燥し、食べやすくスライスされているので、食の細い子にちぎってあげると良いのかもしれません。レオンはがっつくタイプなので一瞬で食べてしまいました。

カニ風味かまのものもあります。見た目も香りもカニです。

一日の接種量は2~3gで2・5枚程度です。長かったのでちぎって与えました。

とても柔らかく食べやすいので……一瞬で完食です。

最後はササミジャーキーのものをあげてみます。

かなりしっかりした噛み心地のようです! ぼろぼろと崩れることはないので、手から直接与えやすいですね。

奥歯でもしっかり噛んでいます。これなら我が家の食いしん坊でもしっかりケアができそうです。

まとめ

いかがでしたか? 一口にペットのオーラルケアといっても、ケア商品の種類はとても豊富ですね。それぞれの猫ちゃんの性格にあったオーラルケアの方法を選ぶ事ができます。

抱っこが大好きな子はブラシタイプがおすすめですし、少し暴れてしまいそうな子はフィンガータイプやシートタイプ、抱っこが難しい子は猫ちゃんも喜ぶおやつタイプを使うと便利ですね。

改めて、たくさんあるオーラルケアグッズに感動した飼い主でした!

著者プロフィール

桐島ナオ
写真と詩を組み合わせた物語写真を中心に発表している写真家。植物と猫とカフェが大好き。PhotoCafe写真教室の講師もしています。公式HPはこちらから「猫が邪魔する一眼レフ教室」も随時開催。

*桐島ナオ主催の保護猫カフェ月イチ撮影会 ネコサツ!*はこちらから。




その他の画像

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年8月20日の運勢

イチオシ記事

新着記事