鹿島臨海鉄道、大洗鹿島線開業30周年記念事業3/14から展開 - ロゴマークも

 

茨城県の鹿島臨海鉄道は3月14日で大洗鹿島線開業30周年を迎えることを記念し、30周年ロゴマーク作成をはじめとした各種記念事業を展開する。

大洗鹿島線開業30周年記念ロゴマーク

記念ロゴ入りヘッドマークを掲出した列車

ロゴマークは「大洗鹿島線開業 30th Anniversary」の文字を配したデザインに。一部列車はロゴマークを用いたヘッドマークを取り付け、車体側面にも記念ロゴステッカーを掲出して運行する。あわせて大洗駅の正面外壁に、記念ロゴマーク入りの乗車券を模した記念看板も掲げるという。

開業30周年当日の3月14日、記念乗車券と記念グッズを発売する。記念乗車券は涸沼~大洋間の硬券乗車券大人用・小児用各1枚と涸沼駅普通入場券1枚のセットで、発売額は1,000円。大洗駅と新鉾田駅で販売するほか、通信販売も行う。記念グッズはキーホルダー、携帯ストラップ、マウスパッドの3種類で各30個限定。大洗駅売店のみで販売する。同社はこの他にも記念企画を検討しており、詳細は決まり次第発表となる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

重さ23g、わずかな頭の動きでポインタが操作できる装着型マウス
[21:12 9/26] パソコン
「夜桜四重奏」着せ替えカバーがシリウスに、次号成田良悟原作の新連載が開幕
[20:46 9/26] ホビー
トヨタの次世代交通システム分析にオラクルのクラウド可視化サービス
[20:37 9/26] 企業IT
小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」
[20:35 9/26] エンタメ
バルミューダ、注ぎ心地にこだわった「小さくて美しい」電気ケトル
[20:18 9/26] スマホとデジタル家電

本音ランキング