日本MS、スマホの画面を無線でTVに映せるMiracast対応ディスプレイアダプタ

 

日本マイクロソフトは20日、スマートフォンやタブレットなどの画面をワイヤレスで、テレビやディスプレイに映せるディスプレイアダプタ「Wireless Display Adapter」を発表した。3月6日より発売し、参考価格は税別6,980円。

「Wireless Display Adapter」

取り付けイメージ

ワイヤレスディスプレイ規格「Miracast」に対応したディスプレイアダプタ。本体はHDMI端子が付いたスティック型で、テレビやディスプレイなどのHDMI入力端子とUSB端子に接続し、Miracast対応のスマートフォンやタブレットの画面をワイヤレスで表示できる。画面モードとしてミラーリングモードに加えて、拡張モードをサポートする。

ケーブル長は約332mmで、約180mmのHDMI延長ケーブルが付属。本体サイズはW20×D86×H10mm、重量は約33g。対応OSはWindows 8.1、Android 4.2.1。

人気記事

一覧

新着記事

チャットワーク、セキュリティ設定や管理機能を強化した法人向けプラン
[12:24 9/29] 企業IT
MRJ、北米フェリーフライトの写真公開--グラント・カウンティ空港へ
[12:20 9/29] 趣味
NECソリューションイノベータ、データ分析でブドウの収穫予測を自動判定
[12:16 9/29] 企業IT
わずか3gのBluetoothタグから人工衛星まで、変化を見せたKDDI ∞ Labo
[12:01 9/29] 企業IT
木星の衛星「エウロパ」で水蒸気が噴出か? - ハッブル宇宙望遠鏡が観測
[12:00 9/29] テクノロジー