セイコー、日本伝統の漆を用いた美しくモダンな機械式時計「プレザージュ」

セイコーウオッチは2月14日に、機械式ウオッチブランド「セイコー プレザージュ」の頂点シリーズ「プレステージライン」から、日本の伝統工芸である漆塗りを用いた新モデルを発売する。希望小売価格(税別)は、3針モデル「SARX029」が110,000円、多針モデル「SARW013」が130,000円。伝統工芸士の田村一舟(たむらいっしゅう)氏の監修となっている。

写真左が3針モデル「SARX029」、写真右が多針モデル「SARW013」

金属と漆を直接結びつける製造手法と、平滑面を生み出す古来伝承の技を組み合わせたダイヤルは、多くの漆器職人が何十回も塗りと研ぎを繰り返す。希少な国産漆と職人の技により、無限の奥行きを感じさせる艶やかな漆黒に仕上げられる。製造難度が高く、一枚一枚が丹念な手作業のため、1日に15枚ほどしか仕上げられないという。

3針モデル「SARX029」、多針モデル「SARW013」とも、エレガントなフォルムのケースに優美な曲線を描く金色の時分針を合わせ、時の流れに左右されない普遍的な魅力を表現。ダイヤルを覆うガラス内面には、光の反射を抑える無反射コーティングを施し、漆の美しさを際立たせた。裏ぶたはシースルーバックになっており、機械式ムーブメントのダイナミックな回転錘の動きや、精緻なてんぷの動きを見られる。

SARX029

SARW013

ケースサイズは、3針モデル「SARX029」が外径40.5×厚さ12mm、多針モデル「SARW013」が外径40.5×厚さ13.2mm。共通仕様として、10気圧の日常生活用強化防水、JIS耐磁時計1種の耐磁性能を備える。ムーブメント仕様は以下の通り。

多針モデル「SARW013」(メカニカルムーブメント キャリバー6R27)

■巻上方式 : 自動巻(手巻つき)
■時間精度 : 平均日差+25秒~-15秒
■持続時間 : 最大巻上時約45時間
■パワーリザーブ表示機能
■日付針つき
■振動数 : 8振動/秒
■石数 : 29石
■ムーブメントサイズ : [直径]27.4mm[厚さ]6.0mm

3針モデル「SARX029」(メカニカルムーブメント キャリバー6R15)

■巻上方式 : 自動巻(手巻つき)
■時間精度 : 平均日差+25秒~-15秒
■持続時間 : 最大巻上時約50時間
■カレンダー機能つき
■振動数 : 6振動/秒
■石数 : 23石
■ムーブメントサイズ : [直径]27.4mm[厚さ]5.0mm

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事