東芝、世界初となるPCI Express Single Package SSDをCES 2015で参考展示

 

東芝は6日、最大容量256GBのBGAパッケージに実装したPCI Express Single Package SSD「BG」シリーズを発表した。米国ラスベガスで開催の「2015 International CES」に参考展示している。

BGシリーズ

BGシリーズは、同社のMMC製品で実績のある技術を使い、256GBの容量をBGAパッケージで実現したもの。サイズは16mm×20mm×1.65mmと小型で、PCI Expressインタフェース搭載のSingle Package SSDとしては世界初の製品になるとしている(東芝調べ)。

このSingle PackageタイプのSSDは、現在多くのPCで使われている2.5型タイプと比較して、重さを約98%減らし1g以下に抑えた。ストレージ面積は約95%以上の削減となり、モバイルPCの軽量化やバッテリー面積の拡大などに貢献できる。

同時に、基板にBGAパッケージのSingle Package SSDを実装した世界最小の挿抜可能なモジュールタイプのSSDも、2015 International CESで参考展示。物理インタフェースにはPCI Expressを使用し、コマンドインタフェースにはSSDに最適化されたNVM Expressを採用している。

参考出展されている128GBモデルの本体サイズはW16×D20×H1.4mm、256GBモデルはW16×D20×H1.65mm。インタフェース規格は共通で、物理がPCI Express Base Specification Revision 3.0、コマンドがNVM Express revision 1.1となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

『24時間テレビ』林家たい平のマラソン走行距離が100.5kmに決定「いわおゴー」
[06:00 7/30] エンタメ
柴田理恵、母と似すぎで見分けがつかない『有吉反省会』に登場
[06:00 7/30] エンタメ
[チャリティーマラソン]歌丸師匠にかけて100.5キロに 林家たい平「楽しみと不安」
[06:00 7/30] エンタメ
屋内の熱中症対策に! ダイソーの猛暑対策グッズ5選
[06:00 7/30] ライフスタイル
今くるよに「世間知らず過ぎ」と苦言…ハローキティを"にゃんにゃん"呼ばわり
[06:00 7/30] エンタメ