スマホからのネット利用が1年で急増、PCからの利用に迫る勢い - ニールセン

ニールセンは21日、2013年4月から2014年4月までのスマートフォン利用状況をまとめたレポートを公開した。それによると、今年4月段階でのスマートフォンからのインターネット利用者数は4055万人となり、昨年4月比で41%増と急増した。

PCおよびスマートフォンからのインターネット利用者数推移

同レポートからは、スマートフォンからのインターネット利用者数は、ほぼ右肩上がりの状況が続いていることが読み取れる。2013年4月には2883万人だったが、2014年4月には4055万人と41%の大幅増となった。一方、PCからの利用者数は2013年4月に5728万人、2014年4月段階で5205万人と漸減傾向にあった。

コンテンツを全15カテゴリに分けた場合の利用状況も調査。エンタテインメント、Eコマース、旅行、ファイナンス、教育とキャリアなど9カテゴリでスマートフォンからの利用者数がPCを上回っていた。

スマートフォンからの利用者数がPCより多いカテゴリ

同レポートでは、調査期間における年代別スマートフォン保有率についても触れており、40代、50代が大きく数を伸ばしていることがわかった。40代は11ポイントアップの50%、50代は15ポイントアップの30%となった。

年代別スマートフォン保有率推移

なお、同レポートは、ニールセンインターネット基礎調査、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetViewの3つのデータソース用いて作成されたものとなる。

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事