パナソニック、高級オーディオ機器の「テクニクス」ブランド復活へ

 

8月18日、パナソニックが高級オーディオ機器ブランドである「テクニクス (Technics)」を復活させると日本経済新聞が報じた。この件に関する本誌の取材に対してパナソニックは、本年度下期(2014年10月~2015年3月)に、欧州で同ブランドを導入する方向で検討していると認めた。

2007年に発売され、2010年に生産を終了したクォーツシンセサイザーD.D.プレーヤー「SL-1200MK6」

テクニクスは1965年以来、長くファンに親しまれてきた高級オーディオブランド。2010年にレコードプレーヤー「SL-1200MK6」の生産を終了した後は実質的に終息していた。

だが、同社はこのたび、ハイレゾ音源が普及しはじめるなど、オーディオ環境が変化してきたことから、正式な発表には至っていないが、テクニクスのブランド力が今なお高い欧州で製品を投入することを検討していると回答した。日本経済新聞によると、400万~500万円の高級システムや約40万円のコンポを発売する見込みであるという。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「恵比寿鯨祭」にクジラのパクチーユッケも! 全国の捕鯨地域とコラボで開催
[05:30 9/29] 趣味
ホリ「偽物から本物になれて嬉しい」『タイムボカン24』取材会でモノマネ披露
[05:00 9/29] エンタメ
『やりすぎ都市伝説』LINE LIVE開催!関暁夫が“異次元空間”から生配信
[05:00 9/29] エンタメ
渡辺麻友、逆転勝利で主演獲得「悪役やちょっと変わった役にも挑戦したい!」
[05:00 9/29] エンタメ
[タイムボカン24]主要キャストが意気込み語る 作品の見どころは…
[05:00 9/29] ホビー