OS X Yosemiteプレビュー版、リリース30日後のシェアはMavericksの4倍

 

OS Xの次期メジャーアップデートになる「OS X Yosemite」に対する開発者の期待は非常に高いようだ。米Chitikaが9日に公開したレポートによると、開発者向けプレビュー版「OS X Yosemite Developer Preview」のリリースから30日目時点の北米におけるWebトラフィックシェアは、OS X Mavericks開発者向けプレビューの時の約4倍になっている。

Chitikaは、同社のオンライン広告ネットワークから北米における広告インプレッションをサンプルにシェアを推定した。OS X Yosemite Developer Previewのシェアは、リリースの3日後にMac用OS全体の0.15%に到達。アップデートがリリースされた直後の18日目に0.25%に近づいた。また、AppleのAperture開発終了が報じられたタイミングと重なる27日目にも上昇し、30日後の7月2日の時点で0.20%だった。2013年6月10日にリリースされたOS X Mavericks Developer Previewは、30日後の7月10日時点で0.05%だった。

Chitikaは「OS X Mavericksの時と同じ無料アップグレードであること、そしてこれまでの開発者の活発な導入を考え合わせると、今年後半に最終版が登場するOS X YosemiteはMacのデスクトップOSで最速のアップグレードペースを記録する可能性が高い」としている。

OS X Yosemite Developer Preview(青)とOS X Mavericks Developer Preview(オレンジ)の米国・カナダにおけるWebトラフィックシェアを比較

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

『星のカービィ』一番くじに、ドットやゲーム画面デザインのアイテムが登場
[19:00 9/30] ホビー
シャープ、有機ELディスプレイのパイロットラインに574億円を投資
[18:49 9/30] テクノロジー
[注目アニメ紹介]「タイガーマスクW」 34年ぶりの新作アニメ 2人のタイガーに注目
[18:44 9/30] ホビー
[カノン]比嘉愛未、佐々木希、ミムラが3姉妹役で共演 親子の絆を硬軟織り交ぜ描く
[18:43 9/30] エンタメ
[フジテレビ亀山社長]古舘伊知郎の新番組 日曜2時間枠で「サラリーマン層取り込む」
[18:43 9/30] エンタメ