米MS「Windows 8.1 with Bing」発表 - 低価格デバイス向け新エディション

 

米Microsoftは5月23日(現地時間)、低価格デバイス向けに「Windows 8.1 with Bing」というWindows 8の新エディションを提供することを発表した。

Windows 8.1 with Bingは、ハードウエアパートナーに提供するプレインストール製品向けのエディションだ。通常のWindows 8.1 Update版と同じ体験が得られるWindowsであり、Internet Explorerの標準検索エンジンにMicrosoftの検索エンジンBingが設定された状態で搭載製品が出荷される。標準検索エンジンは、ユーザーが任意で変更することが可能。このほか、主にタブレットで「Office 365」の1年間のサブスクリプションが付属する製品があるという。

Microsoftは近年、多様なデバイス、幅広い価格帯にWindowsを広げる戦略を進めている。例えば、今年4月にBuild 2014でIoT(Internet of Things)向け、ディスプレイサイズが9インチ未満のタブレットやWindowsスマートフォン向けのOSの無償化を発表した。またWindows 8.1 Updateへのアップデートでは、システム要件をメモリー1GB、ストレージ16GBに引き下げた。この戦略の一環として、ハードウエアパートナーの低価格なWindowsデバイスの提供をサポートするためにWindows 8.1 with Bingを提供する。

Paul Thurrott氏によると、Windows 8.1 with Bingのライセンスは9インチ未満の小さいタブレットは無料。PC向けは無料ではないものの、通常のWindows 8.1よりも引き下げられる。PCメーカーがWindows 8.1 with Bingのライセンスを受けるための条件は不明だが、3月にWindows 8.1 with Bingが噂になった時にThurrott氏は「250ドル未満でPCを販売するハードウエアメーカーへの提供になる」としていた。Microsoftによると、6月3日に台北で始まるComputex Taipeiを皮切りに、数多くのPCメーカーが夏向けの新しいWindows搭載製品を発表する。その中にWindows 8.1 with Bingを採用した製品も含まれる見通しだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

KDDI、VoLTE対応の「かんたんケータイ」30日発売 - 32,400円
[21:32 7/28] スマホとデジタル家電
岡田准一、丸眼鏡かけ船上で凛とした表情! 『海賊とよばれた男』初映像公開
[21:30 7/28] エンタメ
楽天、世界のビジネスを要約するgetAbstractへ出資
[21:13 7/28] 企業IT
[松田翔太]オダギリジョーと蒼井優の“人見知り”にボヤキ 「全然しゃべってくれない…」
[20:56 7/28] エンタメ
日本HP、バッテリ駆動で最大500枚まで印刷できるA4インクジェット複合機
[20:54 7/28] パソコン