アップル、AirMac製品にファームウェアアップデート - Heartbleedに対処

 

アップルは、IEEE802.11acに対応したWi-Fiベースステーション「AirMac Extreme」と「AirMac Time Capsule」のファームウェアアップデートを公開した。アップデートすることでHeartbleed問題が修正される。

ファームウェアアップデート7.3.3

今回提供されるファームウェアアップデート7.3.3は、SSL/TLSに関連するセキュリティ問題(Heartbleed)を修正する。それ以前はネットワーク上にいる特権的なユーザーによって、ログイン画面にアクセスできる可能性があった。2013年6月に発売されたIEEE 802.11ac対応製品以外のアップデートは必要ない。

ファームウェアをアップデートした後、一部のユーザーは、AirMacユーティリティを使用してAirMacベースステーションで「どこでもMy Mac」を再度有効にする必要がある。

人気記事

一覧

新着記事

i☆Ris、13thシングル「Re:Call」座談会 - この4年間をそれぞれ一言で表すと「積み木・分岐・挑戦・自分・葛藤・芹澤優」
[15:00 7/29] ホビー
『ミニオンズ』新作短編、初の本編映像公開! やりたい放題でお尻もポロリ
[15:00 7/29] エンタメ
アナログ半導体業界再編 - ADIのLinear Technology買収を読み解く
[14:57 7/29] テクノロジー
[長谷川博己]得意満面でゴジラポーズ 竹野内豊が続くも石原さとみは拒否!?
[14:52 7/29] エンタメ
Webデザインの考え方を4分で体験できるサイト
[14:50 7/29] 企業IT