アップル、AirMac製品にファームウェアアップデート - Heartbleedに対処

 

アップルは、IEEE802.11acに対応したWi-Fiベースステーション「AirMac Extreme」と「AirMac Time Capsule」のファームウェアアップデートを公開した。アップデートすることでHeartbleed問題が修正される。

ファームウェアアップデート7.3.3

今回提供されるファームウェアアップデート7.3.3は、SSL/TLSに関連するセキュリティ問題(Heartbleed)を修正する。それ以前はネットワーク上にいる特権的なユーザーによって、ログイン画面にアクセスできる可能性があった。2013年6月に発売されたIEEE 802.11ac対応製品以外のアップデートは必要ない。

ファームウェアをアップデートした後、一部のユーザーは、AirMacユーティリティを使用してAirMacベースステーションで「どこでもMy Mac」を再度有効にする必要がある。

人気記事

一覧

新着記事

お小遣い平均額、中学生は月2,536円、高校生は5,114円 - 小学生は?
[10:28 6/30] マネー
エースコック、「スープはるさめ トマたま」自主回収--カゴメトマト缶使用
[10:28 6/30] ヘルスケア
オージス総研、四国電力のグループ間システム連携基盤を再構築
[10:22 6/30] 企業IT
【レポート】ラジオ再浮上に1つの可能性 - ネットとの融合は進むか
[10:18 6/30] 経営・ビジネス
ASJの「A-SaaS」、勤怠管理クラウドサービス「CLOUZA」とデータ連携
[10:13 6/30] 企業IT