Plextor、東芝製19nm Toggle MLC NAND採用の2.5インチSSD「M6S」シリーズ

リンクスインターナショナルは4日、Plextor製の2.5インチSSD「M6S」シリーズを発売した。128GB / 256GB / 512GBの3モデルを用意し、512GBモデルのみ5月の出荷予定。店頭予想価格(税別)は128GBが10,680円前後、256GBが18,580円前後、512GBが40,980円前後。

「M6S」シリーズ

「Marvell SS9188」コントローラ

「M6S」は、SSDコントローラに「Marvell SS9188」を搭載する2.5インチSATA SSD。東芝製 19nm Toggle NANDフラッシュを採用し、独自ファームを組み合わせることで安定した性能と効率的なマルチタスキング機能をサポートする。

従来モデルと比較して電力を30~50%節約できる上、DEVSLP省エネモードでは電力消費量を2mWまで抑えられる。「Plextor True Speed Technology」によって、スペック上の性能を実使用レベルで実現しつつ、さらに長期間の使用でもパフォーマンスの低下を抑制する。インタフェースはSATA 3.0(6Gbps)で、本体サイズはW100×D69.85×H6.8mm、重量は約55g。

最大転送速度は下表の通り。

PX-128M6S
(128GB)
PX-256M6S
(256GB)
PX-512M6S
(512GB)
シーケンシャルリード 520MB/s 520MB/s 520MB/s
シーケンシャルライト 300MB/s 420MB/s 440MB/s
ランダムリード(4KB) 88,000IOPS 90,000IOPS 94,000IOPS
ランダムリード(4KB) 75,000IOPS 80,000IOPS 80,000IOPS

また、リンクスインターナショナルによるベンチマーク結果(CrystalDiskMark 3.0.3 x64)も公開されている(下図)。

PX-128M6S
(128GB)

PX-256M6S
(256GB)


関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事