庵野監督夫妻を描いた『監督不行届』アニメ化、声優は山寺宏一&林原めぐみ

 

『監督不行届』

漫画家の安野モヨコ氏が、夫であり『新世紀エヴァンゲリオン』などで知られる庵野秀明監督との結婚生活を描いたエッセイ漫画『監督不行届』のアニメ化が決定し、2014年4月3日よりテレビ東京系『あにむす!』内で放送されることが明らかになった。

『監督不行届』は 2002年4月から12月まで漫画誌『フィール・ヤング』(祥伝社刊)にて連載された、安野モヨコ氏と夫・庵野秀明氏の結婚生活を元にしたエッセイ漫画で、現在までに30万部以上を販売。制作は、アニメ『秘密結社 鷹の爪』や『ガラスの仮面ですが』などで知られるアニメスタジオ「DLE」が担当し、安野モヨコ氏がもともと「秘密結社 鷹の爪」のアニメ監督、FROGMAN のファンであったことから実現したという。放送は4月~6月で、各話3分の全13回。「DLE」が得意とするFlashアニメーションとなる。

キャストには、庵野監督をもとにしたキャラクター「カントクくん」に山寺宏一、妻であり、オタク道を貫く「カントクくん」に振り回されながら実は潜在的なオタクである「ロンパース」を林原めぐみを起用。また、本作で「ハイパーメディアエクゼクティブディレクター」を務めるFROGMANは、声優としての出演も予定されている。

ロンパース(左)とカントクくん

カントクくん役の山寺宏一

ロンパース役の林原めぐみ

『新世紀エヴァンゲリオン』や『魔神英雄伝ワタル』など共演歴も多い山寺と林原だが、山寺は「今までの声優人生で一番意外なオファーでした。本人がやればいいのにと思ったけど、庵野さんからご指名を受けたので喜んでやらせていただきました」と今回のオファーが、庵野氏から直々にオファーを受けたことを明かしている。また、本作については「世界に影響を与えた天才クリエイターがこんな人だったのかとよくわかるし、『エヴァ』はシンジの成長を描いていたけど、この作品は庵野秀明の成長を描いています。人は変われる!(かも)」と話している。

そして、林原は「私たちも知らなかった庵野さんの素顔が見られるのかな!? 素顔のすべてと言い切ってしまうことはできないと思いますが、庵野さんご夫婦の日常は、生活そのものがエンターテイメントだなと。それを書籍だけでなく、いろんな形で広がっていくのが楽しみです。見てくださるファンはもちろんですが、お二人に楽しんでいただけるといいなと思います」と本作に期待を寄せている。

谷東監督

エンディングテーマを担当する「A応P」

本作の監督は、昨年話題となった『ガラスの仮面ですが』でも知られる谷東氏。『監督不行届』は、約10年前のカントクくんとロンパースの日常が描かれているが、最近のカントクくんとロンパースの様子を描いたアニメオリジナルストーリー不行届 2014」もおまけコーナーで用意しているという。エンディングテーマは、2012年に「アニメ応援プロジェクト」内で結成された、アニメ大好き女子6人組ユニット「A応P」が担当し、カントクくんとロンパースおすすめの過去の名作特撮・アニソンラインナップをカバーする。

(C)監督不行届製作委員会

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[後妻業の女]大竹しのぶが金持ち老人の財産を狙う女を熱演 ありそうな話にゾクッ
[22:23 8/26] エンタメ
[ひなこのーと]演劇コメディーマンガがテレビアニメ化
[22:12 8/26] ホビー
主人公は元かかし? 演劇コメディ『ひなこのーと』のTVアニメ化が決定
[22:02 8/26] ホビー
『ジョジョ』第4部、第22話の先行場面カット&あらすじを公開ッ!
[22:00 8/26] ホビー
玖保キリコと吉谷光平の直筆サイン色紙当たる、ねこまみれ&いぬまみれ企画
[21:39 8/26] ホビー

本音ランキング