「検索は応援になる」- ヤフー、震災関連キーワードを可視化したコンテンツ

 

ヤフーは10日、Yahoo!検索で3年間にわたり検索された東日本大震災に関するキーワードを分析・可視化したコンテンツ「Search for 3.11 ビジュアライザ」を公開した。

Search for 3.11 ビジュアライザ。検索数でキーワードの大きさが異なり、例えば地震発生直後となる2011年の3月11日15時時点では「ニュース」「震度」「電車」などの文字が大きく表示され、多数のユーザーから検索されたと推測できる

「Search for 3.11 ビジュアライザ」は、Yahoo!検索で検索された、東日本大震災に関わる検索キーワード数を、文字の大きさに換算して時系列で表示するもの。ユーザーが東日本大震災当時に必要としていた情報や支援の内容、方法などを推測できるとする。

東日本大震災と関係のない検索ワードや、震災と関係があっても一般の個別企業名は除かれている。また、地名や地方自治体名は、被災地域のほか、複数の検索ワードにより関連すると思われる地名・自治体名が選定されている。

「Search for 3.11」特設サイトでは、120秒の特別ムービーも公開中

2014年3月11日に、Yahoo!検索で「3.11」と検索したユーザー1人につき10円をYahoo! JAPANが寄付する「Search for 3.11」チャリティーも同時に実施する。寄付先は、岩手、宮城、福島の東北3県で子供たちの教育、スポーツなどに関する支援活動を行う東日本大震災復興支援財団を予定。対象は3月11日0時から23時59分までに行われた、「3.11」というキーワード。類似の表記や意味を持つキーワードは除外され、上限額は500万円とする。期限まで残り約1時間ほどに迫ったが、興味のあるユーザーは検索してみてはいかがだろうか。

「3.11」検索後のページ

人気記事

一覧

新着記事