FRONTIER、HaswellやSamsung SSD搭載で8万円台からのスリム型デスクトップ

 

インバースネットは同社「FRONTIER」ブランドにおいて、第4世代Intel Coreプロセッサ(開発コードネーム:Haswell)や、ストレージとしてSamsung SSD 840 / 840 EVOを搭載したスリム型デスクトップPC「ST」シリーズを発売した。BTOに対応し、標準構成価格は85,800円。

STシリーズ(ディスプレイはオプション)

標準構成時の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-4770(3.40GHz)、チップセットがIntel H81 Express、メモリがPC3-12800 4GB、ストレージがSamsung SSD 840 EVO 120GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、グラフィックスがIntel HD Graphics 4600(CPU内蔵)。OSはWindows 8 64bit版またはWindows 7 Home Premium SP1 64bit版。本体サイズは約W100×D443×H341mm、重量は約7.7kg。

上記構成から、ストレージをSamsung SSD 840 250GBに変更したモデルは、価格が92,800円となる。

クリックで拡大

関連キーワード

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事

ドスパラ、4Kや8K映像の制作・編集に向けたサーバーとワークステーション
[20:03 6/29] パソコン
【インタビュー】武田玲奈、『仮面ライダーアマゾンズ』で三人の監督と挑んだ「ヒロインっぽくないヒロイン」- ブレザーを脱いだ制服姿も披露
[20:00 6/29] ホビー
少しずつ強くなっていく、それがいいんだ『スト3rd』よりリュウが立体化
[20:00 6/29] ホビー
カルヴィン・ハリス、元恋人テイラー・スウィフトの新ロマンスに唖然
[19:55 6/29] エンタメ
スマホを冷やす - 冷却ファンとモバイルバッテリ機能を持つスマホクーラー
[19:53 6/29] 家電