FRONTIER、HaswellやSamsung SSD搭載で8万円台からのスリム型デスクトップ

 

インバースネットは同社「FRONTIER」ブランドにおいて、第4世代Intel Coreプロセッサ(開発コードネーム:Haswell)や、ストレージとしてSamsung SSD 840 / 840 EVOを搭載したスリム型デスクトップPC「ST」シリーズを発売した。BTOに対応し、標準構成価格は85,800円。

STシリーズ(ディスプレイはオプション)

標準構成時の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-4770(3.40GHz)、チップセットがIntel H81 Express、メモリがPC3-12800 4GB、ストレージがSamsung SSD 840 EVO 120GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、グラフィックスがIntel HD Graphics 4600(CPU内蔵)。OSはWindows 8 64bit版またはWindows 7 Home Premium SP1 64bit版。本体サイズは約W100×D443×H341mm、重量は約7.7kg。

上記構成から、ストレージをSamsung SSD 840 250GBに変更したモデルは、価格が92,800円となる。

クリックで拡大

関連キーワード

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事

川島海荷、『ZIP!』新MC就任で滑舌強化トレーニング「結構、激しかった!」
[21:00 10/1] エンタメ
西内まりや、初主演作『CUTIE HONEY』の舞台あいさつで胸の谷間をチラ見せ
[21:00 10/1] エンタメ
[高専ロボコン2016]関東甲信越大会をライブ配信 YouTubeなど初の外部プラットフォームも NHK
[20:48 10/1] エンタメ
「5時から9時まで」の相原実貴、“耽美×ラーメン”紡ぐ小説の装画を描き下ろし
[20:23 10/1] ホビー
映画キューティーハニーが封切り、永井豪がいやらしくハニーを見るため奮闘
[19:46 10/1] ホビー