アップル創業者、Steve Jobsの半生を描いた映画が11月に国内公開

  [2013/08/12]

2011年に56歳で逝去した、Steve Jobs氏の半生を描いた映画「スティーブ・ジョブズ」(原題:JOBS)の公開が、2013年11月1日に決定した。合わせて本編の予告編が公開されている。

Jobs氏は1976年自宅ガレージに「アップルコンピュータ」を設立し、一度は成功を収める。その後自分の考えを貫く横暴なやり方でアップルから追い出されるが、破産の危機に瀕していたアップルに戻り再興させた、その天才的な半生を描く伝記映画となる。

主演のJobs役は、「バタフライ・エフェクト」などで知られるアシュトン・カッチャー。監督はジョシュア・マイケル・スターンが務める。2013年11月1日、TOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー。

「スティーブ・ジョブズ」トレーラー

(C)Glen Wilson copyright The Jobs Film LLC Director Joshua Michael Stern

(C)2013 The Jobs Film,LLC.

(C)2013 The Jobs Film,LLC.

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事

【レポート】好調のアイス市場を牽引する立役者は「昭和生まれ」の“中年”商品!?
[09:30 6/27] 経営・ビジネス
[おそ松さん]オールフリーのキャンペーン告知動画第6弾はトド松 夏のバイトを始める…
[09:00 6/27] ホビー
【コラム】航空機の技術とメカニズムの裏側 第23回 航空機の動力系統(10)エンジンの騒音低減
[09:00 6/27] 企業IT
外国人は日本人のお金の使い方、どう思う?
[09:00 6/27] マネー
【連載】イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第41回 編集もできるマイクロソフト公式アプリ「Microsoft Word」
[09:00 6/27] 企業IT