アップル、開発者向けサイトが不正侵入を受け一時閉鎖中

米Appleは、18日(現地時間)に同社の開発者向けサイトが不正な侵入を受け、開発者の登録情報に対するアクセスが試みられたことを明らかにした。機密度の高い個人情報は暗号化されているため、アクセスすることは不可能だが、開発者の氏名やメールアドレスにアクセスされた可能性は否定できないという。

米アップル開発者向けサイト、メンテナンス中のお知らせ

同社は、システム全体のオーバーホールやサーバーソフトウェアのアップデート、データベースの再構築を行っており、早期の復旧を目指している。本記事の執筆時点で同サイトの「Member Center」はメンテナンス中となっており、復旧スケジュールについての具体的な情報はない。

人気記事

一覧

新着記事