Apple、Mac OS X向けに「Security Update 2013-003」を公開

米Appleは、Mac OS Xの「Security Update 2013-003」を公開した。対象となるのは、Mac OS X 10.6.8(Snow Leopard)、OS X Lion v10.7.5、OS X Mountain Lion v10.8.4。

Security Update 2013-003」ではQuickTimeおける3件の脆弱性が修正された。SorensonとH.264で圧縮された動画ファイルを処理する際のバッファオーバーフローと、「mvhd」を処理する際のバッファアンダーフローが発生する問題に対処している。

悪意をもって作成されたムービーファイルを再生すると、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードを実行されたりする可能性があった。

アップデータはAppleメニューの「ソフトウェア・アップデート」から入手できる。

人気記事

一覧

新着記事