テック、Windows 8対応のハンディスキャナ「hidescan4」新製品

テックは28日、乾電池駆動のポータブルハンディスキャナ「hidescan4」新製品を発表、12月6日に発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は5,980円前後。

hidescan4

紙の上をなぞってスキャンできる

乾電池駆動で持ち運びやすく、紙の書類の上をなぞることで簡単にデータを本体に保存できるハンディスキャナ。セキュリティソフト「カスペルスキー 2012 マルチプラットフォーム セキュリティ」付属の初回限定版「hidescan4ks」が販売終了し、同ソフトを省き価格を値下げして提供する。

解像度は最大900dpi、保存形式はJPEG/PDFの2種類。本体機能や外観は初回ロットの「hidescan4ks」と同等だが、Windows 8に対応したほか、付属のmicroSDカードは2GBから4GBとなった。

本体サイズはW250×D30×H30mm、重量は210g(電池含む)。スキャン解像度は300dpi/600dpi/900dpiの3段階に設定可能で、保存形式はPDF/JPEG。電池寿命は単3形アルカリ乾電池の場合で約180枚程度の読み取り。対応OSはWindows XP / Vista / 7 / 8、Mac OS X 10.4以上、Android、iOS(iPad/iPad 2/第3世代iPad/iPad mini)。なお、iPhoneには非対応。

4GBのmicroSDカードが付属

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事