今度こそ本当? 13インチRetina MacBook ProがiPad miniとともに発売との噂

もはや何度目かすらわからなくなるくらい、発売の噂が浮かんでは消える13インチのRetinaディスプレイ搭載MacBook Pro。最新の噂は、10月23日開催と予想されているiPad miniの発表と同時に13インチRetina搭載MacBook Proが発表されるというもの。年内の発売のためにはそろそろタイムリミットといえるだけに、そろそろ本当であってほしいものだ。

現行の15インチ版、MacBook Pro Retinaディスプレイモデル

今回の噂を伝えているのは9to5 Mac。信頼できるリテール筋の話として伝えている。それによれば、CPUやストレージの異なる2つのグレードが用意され、発表後まもなく発売されるとのことだ。15インチモデルの場合と同様、やはり13インチRetinaモデルは既存の13インチモデルに追加する形で発売されるという。

MacBook Proの13インチRetinaディスプレイ搭載モデルの噂は15インチのRetina搭載MacBook Proが登場したWWDC 2012の直後からささやかれておりGeekbenchのベンチマーク結果投稿に13インチRetina搭載MacBook Proのものとされる「MacBookPro10,2」という製品ナンバーが何度かあらわれたことでも話題となっていた。最初の噂では9月の生産出荷開始で10月初旬までには市場に出回るのでは? と言われており、その後iPhone 5が発表された9月のスペシャルイベントの際にも発表される新製品の中に13インチのRetina搭載MacBook Proが含まれるのではないかといわれていた

今年最後のビッグイベントになると思われるiPad miniの発表だが、それと同時に待望しているユーザーも多い13インチのRetina搭載MacBook Proがリリースされるとすれば、どれから順番に購入するか迷うことになりそうだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事