デル、3D立体視も可能な次世代モバイルワークステーション「Precision」

 

デルは、第3世代のIntel Core iプロセッサを搭載した次世代ノート型ワークステーション「Precision」シリーズ3機種を7月31日より発売した。15.6型の「Dell Precision M4700」、3D立体視対応の17型「Dell Precision M6700」および「Dell Precision M6700 Covet」の3機種で、いずも同社の直販サイトで入手できる。

左からPrecision M6700、Dell Precision M6700 Covet、Dell Precision M4700

いずれもCTOで第3世代のIntel Core i5やi7を選択できるモバイルワークステーション。15.6型の「Dell Precision M4700」はストレージを最大3台搭載可能で、最大容量1.8TB。ハイエンドの「Dell Precision M6700」ではNVIDIAの3D Vision Proソリューションを搭載し、17型ながら3次元立体映像をスムーズに再現する。また、PCI Express x16 Gen 3搭載のAMD FirePro M6000を初めて採用し、処理能力が向上した。ストレージは最大4台搭載でき、総容量は最大2.8TB。

このほか、白色LEDおよびIPS RBG LEDディスプレイを選択でき、Adobeの色域を100%以 上カバーする。M6700では、2012年秋をめどに10本以上の指を認識できるフィンガーマルチタッチをオプションで提供する予定で、用途としては医療画像処理、CGや映像デザイン、映像編集などに最適という。

「Dell Precision M4700」で選択可能な構成は、CPUがIntel Core i7-3920XM/3820QM/3720QM/3520M、Intel Core i5-3360M/3320M。OSがWindows 7 Professional 32bit(英語版)やRed Hat Enterprise Linux WS 6など10種類、メモリがDDR3 32GB(1600MHz)/16GB(1866MHz)など。最小構成価格は18万600円。

「Dell Precision M6700」で選択可能な構成は、CPUがIntel Core i7-3520M/3720QM/3820QM/3920XM。OSがWindows 7 Professional 64bit(英語版)など4種類。メモリがDDR3 4GB(1600MHz)など容量やクロックの違いで8種類など。最小構成価格は21万5,880円。

「Dell Precision M6700 Covet」で選択可能な構成は、CPUがIntel Core i7-3520M/3720QM/3820QM/3920XM、OSは「M6700」と同等、メモリはDDR3 8GB(1600MHz)をベースに8種類が選択できる。最小構成価格は60万5,692円。なお、「Dell Precision M6700」との違いは、最小構成時点でCPUにIntel Core i7-3520M(+31,500円)、グラフィックスに「NVIDIAR QuadroR K5000M 4GB GDDR5」(+24万7,800円)が選択されているなど、最小構成がハイエンドである点。また、"フェニックスレッド"のカラーも「Dell Precision M6700 Covet」のみ選択できる。

このほか、いずれの機種も液晶の種類やWindows XP モードの有無、グラフィックやHDD/SSD構成、指紋認証などの構成・オプションが選択できる。

主なインタフェースは、USB 3.0×2、USB 2.0×3、USB/eSATAコンボポート×1、マルチカードリーダー、ExpressCard、DisplayPort 1.2×、D-Sub端子×1、HDMIポート×1など(いずれも共通)。

人気記事

一覧

新着記事