東芝、バッテリー低消費モードや地デジ・ワンセグ対応のポータブルDVD

東芝は7月18日、「レグザポータブルプレーヤー SD-P97DT」および「SD-P77S」を発表した。発売は7月20日で、価格はオープン。推定市場価格は、SD-P97DTが40,000円前後、SD-P77Sが16,000円前後とみられる。

地デジ/ワンセグチューナーを搭載する、9V型ポータブルDVDプレーヤー「SD-P97DT」

リモコンには、消費電力を33%抑える「節電」ボタンが配置されている

SD-P97DTは、地デジチューナーとワンセグチューナーを内蔵した9V型ポータブルDVDプレーヤーだ。ディスプレイはLEDバックライトタイプで、表示画素数は800×480ドット。DVDの映像を、そのままの画素数で表示することが可能だ。9V型というポータブルタイプとしては大画面を採用しているが、映像エンジンは超解像処理などには対応していない。

なお、SD-P97DT本体にはアンテナが内蔵されておらず、ワンセグ放送の受信には製品に付属する「ワンセグ用外部アンテナ」を使用する。また、フルセグ放送の受信には、製品に付属している地デジ用アンテナ変換ケーブルで、家屋のテレビアンテナと接続する必要がある。

バッテリーは、従来機のような外付けタイプではなく、携帯性の高い内蔵式を採用。約5時間でフル充電され、DVD再生では約6時間、テレビ視聴では約5時間の連続動作が可能だ。また、消費電力を33%抑える「節電モード」も搭載されている。

シンプルなポータブルDVD「SD-P77S」。ホワイト、ピンク、ブルー、グリーンの4色のカラーバリエーションを展開している

SD-P77Sは、7V型のディスプレイを採用するシンプルなポータブルDVDプレーヤー。こちらもLEDバックライトを採用しており、表示画素数は800×480ドットだ。バッテリーは内蔵リチウムイオン充電池。約3時間でフル充電され、約4時間のDVD再生が可能だ。SD-P97DTと同様に、消費電力を33%抑える「節電モード」も搭載されている。

両モデルが再生可能な光学メディアは、DVD-Video、DVD-R/RW、音楽CD、ビデオCD、CD-R/RW。SD-P97DTはSDメモリーカードスロットとUSBポート、SD-P77SはUSBポートを装備しており、MP3/WMA形式の音楽ファイル再生とJPEG形式の静止画表示にも対応している。

本体サイズは、SD-P97DTがW240×D186×H43mm(突起部除く)で、SD-P77SがW200×D155×H39mm(同)。重量は、SD-P97DTが1.26kg、SD-P77Sが0.83kgとなっている。

人気記事

一覧

新着記事