ジャンプで新鋭・川井十三の新連載「タカマガハラ」始動

週刊少年ジャンプ32号

本日7月9日に発売された週刊少年ジャンプ32号(集英社)にて、川井十三の新連載「タカマガハラ」がスタートした。

「タカマガハラ」の主人公は、強くなることを家訓とする山田5兄弟の三男・ヤマト。ほかの兄弟が毎日修行に勤しむ中、ヤマトだけはマンガ家になることを夢見て毎日マンガを描いていた。ところがある日、右手に違和感を覚える。第7回金未来杯を受賞した作品で、同誌2011年32号では読み切りとして掲載されていた。

なお7月14日に発売される次号週刊少年ジャンプ33号では、篠原健太「SKET DANCE」が連載5周年を記念し、表紙と巻頭カラーで登場する予定だ。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事