25ドルの格安Linuxコンピュータ「Raspberry Pi」製造開始

 

Raspberry Pi Foundationは10日(英国時間)、クレジットカード・サイズの格安ボードコンピュータ「Raspberry Pi」が製造行程に入ったことを明らかにした。1月末までにModel Bの最初のロットが完成するという。

Raspberry Piは、世界中のすべての子供にとってコンピュータが身近な存在になるのを目指して開発されている。ARM1176JZFSアプリケーションプロセッサ(700MHz)とVideocore 4 GPUを備えたBroadcom BCM2835を搭載したボードで、サイズは85.60×53.98ミリ。RCAビデオ、HDMI、オーディオ出力、USB 2.0、SDカードスロットなどのインターフェイスを装備。キーボード/ マウスを接続し、テレビをモニターにして使用できる。2つのモデルが用意され、RAM 128MBのModel Aは25ドル (約1900円)、RAM 256MBでEthernetポートを備えるModel Bは35ドル(約2700円)。

OSは、Debian、Fedora、ArchLinuxなどをサポートし、Raspberry Pi Foundationはこれらのディストリビューションを収めたSDカードを提供する予定だ。Android 4.0にはRAMが不足するが、古いバージョンならばAndroidも動作するという。以下はRaspberry PiでQuake 3を動作させたデモ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

『妖怪ウォッチ』スマホに本格参戦、斎藤工はアニメ×実写映画に衝撃 -レベルファイブ新作発表会
[07:35 7/28] ホビー
[吉川晃司]水球日本男子代表の応援ソング制作 選手たちに熱いエール込める
[07:00 7/28] エンタメ
安倍なつみ、山崎育三郎との第1子出産「感動し涙し感謝しました」
[07:00 7/28] エンタメ
東芝、64層積層プロセスによる3D NAND「BiCS FLASH」のサンプル出荷を開始
[07:00 7/28] テクノロジー
オプテックス、法人車両向け安全運転データサービスを開始
[07:00 7/28] テクノロジー