25ドルの格安Linuxコンピュータ「Raspberry Pi」製造開始

Yoichi Yamashita  [2012/01/12]

Raspberry Pi Foundationは10日(英国時間)、クレジットカード・サイズの格安ボードコンピュータ「Raspberry Pi」が製造行程に入ったことを明らかにした。1月末までにModel Bの最初のロットが完成するという。

Raspberry Piは、世界中のすべての子供にとってコンピュータが身近な存在になるのを目指して開発されている。ARM1176JZFSアプリケーションプロセッサ(700MHz)とVideocore 4 GPUを備えたBroadcom BCM2835を搭載したボードで、サイズは85.60×53.98ミリ。RCAビデオ、HDMI、オーディオ出力、USB 2.0、SDカードスロットなどのインターフェイスを装備。キーボード/ マウスを接続し、テレビをモニターにして使用できる。2つのモデルが用意され、RAM 128MBのModel Aは25ドル (約1900円)、RAM 256MBでEthernetポートを備えるModel Bは35ドル(約2700円)。

OSは、Debian、Fedora、ArchLinuxなどをサポートし、Raspberry Pi Foundationはこれらのディストリビューションを収めたSDカードを提供する予定だ。Android 4.0にはRAMが不足するが、古いバージョンならばAndroidも動作するという。以下はRaspberry PiでQuake 3を動作させたデモ。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

サンシャインジュース、より深くクレンズ効果を実感できる新商品発売
[07:30 5/27] ヘルスケア
松平健『X-MEN』最強の敵役で洋画吹き替え初挑戦「大いに暴れたい」
[07:27 5/27] エンタメ
【連載】ねこのはなしをしようか 第8回 猫好きなのに何故猫を飼わないのか
[07:00 5/27] 趣味
【連載】1コマ漫画 猫にありがちなこと 第968回 腹筋時に猫に乗られるとこうなる
[07:00 5/27] 趣味
imecとInfineonが共同で車載用79GHz CMOSレーダーセンサチップを開発
[07:00 5/27] テクノロジー

特別企画 PR