「Chrome 14」が安定版に、Native Clientを標準装備

 

米Googleは9月16日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome 14」の安定版の提供を開始した。Windows版、Mac版、Linux版、いずれもバージョン番号は14.0.835.163。「Native Client (NaCL)」「Web Audio API」が実装されており、またOS X Lion対応が強化されている。

Native Clientは、C/C++のコードをWebブラウザで安全に実行できるようにする技術だ。オープンソース・プロジェクトとして公開されている。現時点でChromeのNative Client機能がサポートするのは、Chrome Web StoreにリストされているNative Client対応アプリケーションのみとなっているが、ソフトウエアエンジニアのBrad Chen氏は「なるべく早い時期に (アプリケーション提供の)制限を取り除けるように作業を進めている」と語っている。

Web Audio APIは、様々なオーディオ機能を追加するオーディオ操作APIである。ルームシミュレーションやサブミックスなどのコンボリューションエンジンおよびオーディオエフェクトをサポートするモジュラールーティング・システムを備え、Webプラットフォームにおけるゲームやインタラクティブ・アプリケーション、シミュレーションの可能性を広げる。

Mac版はOS X Lionのフルスクリーン・モードをサポートし、右上のボタンもしくはCtrl+Shift+Fで表示モードを切り替えられる。ただし、フルスクリーン状態でescキーを押してもウインドウモードに戻れないなど、他のフルスクリーンアプリケーションと振る舞いが異なるところがある。現時点でのフルスクリーン対応をChen氏は「初期サポート」としている。このほかスクロールバーがスクロール時のみ表示されるようになった。

セキュリティ面では、32件の脆弱性が修正された。レーティングが「High」のものが15件含まれており、Chrome 14安定版で修正した脆弱性に対してGoogleは14,337ドルをバグ報告プログラムの協力者に支払った。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

HPE、サイバー犯罪を後押しする地下経済を検証したレポートの日本語版発行
[11:35 7/25] 企業IT
2030年に向けた国内大学のパラダイムシフト 第7回 変わりゆく就職戦線 - 戦略転換からみた教育支援の在り方
[11:30 7/25] テクノロジー
胎児もつらいよ! 第5回 違うよママ! ぼく、男の子だってばっ!!
[11:30 7/25] ライフスタイル
ハーゲンダッツカフェが代官山に登場! 夏だけの濃厚アイスの楽しみ方とは?
[11:30 7/25] 趣味
ポケモンGO効果でARソフト市場が2020年に3兆円規模に - TradeForce
[11:22 7/25] テクノロジー