JPCERT/CC、Adobe Flash Playerの脆弱性に関する注意喚起

 

JPCERT/CC(一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター)は18日、Adobe Flash PlayerとAdobe AIRに関する脆弱性に関する注意喚起を行った。

JPCERT/CCによると、対象となるバージョンはAdobe Flash Player 10.2.153.1 及びそれ以前、Adobe AIR 2.6.19120 及びそれ以前。メモリ破損の脆弱性により、任意のコードを実行する可能性がある。それぞれ最新バージョンへのアップデートを行うことが対策となる。Adobe Flash PlayerAdobe AIRともにWebサイトにて最新版を入手できる。

なお、Adobe Flash PlayerのバージョンはAdobeのWebサイトにアクセスすると表示される。Adobe AIRについては、同社のサポートサイトに確認方法が掲載されている。32ビット版Windowsの場合、C:\Program Files\Common Files\Adobe AIR\Versions\1.0にある「Adobe AIR.dll」ファイルを右クリックして表示されるタブでランタイムのバージョンを確認できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビー、初来日に喜び「ずっと来たかった」
[23:27 8/25] エンタメ
iPhone 7/iPhone 7 Plusの登場に何が期待されるか? - 松村太郎のApple深読み・先読み
[23:05 8/25] スマホとデジタル家電
『魔法つかいプリキュア!』、Blu-ray vol.1の描き下ろしジャケットを公開
[23:02 8/25] ホビー
岡崎京子×ロッキング・オンのロックT登場!「pink」などモチーフにした3種
[22:40 8/25] ホビー
LiSA×JOYSOUND、コラボキャンペーン開始! ワンマンライブチケットが当たる
[22:33 8/25] ホビー