フィンランドの自然/文化からインスパイアされたデザインのiPadケース

フォーカルポイントコンピュータは、TUNEWEAR社のスタイリッシュなiPadケース「Finlandia Series for iPad」7種類を10月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、同社直販サイトにおける価格は4,480円。

「Finlandia Series for iPad」 左から、タイミ、アイカ、サデ、ヌップ、クッカ、ケサ、ルミ

「Finlandia Series for iPad」は、フィンランド出身のデザイナー Juho Viitasalo氏による、フィンランドの自然/文化からインスパイアされたグラフィカルなパターンが描かれたiPadケース。Dockコネクタとスピーカーがある底面以外のベゼル部分を保護するようにデザインされており、パターンの一体感が楽しめる。ケースのパターンに合わせた7種類の壁紙が特設ページからダウンロードでき、iPad全体が同じグラフィックで包まれているような一体感を与えることが可能だ。

7種類のデザインは、それぞれ以下のような意味を持つという。

Taimi タイミ

フィンランド語で、満ち足りた生命の力を感じさせる「苗木」を意味する。波のような模様が冬の夜空に輝くオーロラをイメージしている。

Aika アイカ

フィンランド語で「時間」を意味する。白は時間の流れが止まってしまったかのような白夜、緑は夏の生命感あふれる自然をあらわす。

Sade サデ

フィンランド語で「雨」を意味する。模様はフィンランドの工芸品に使われる伝統的なデザイン。

Nuppu ヌップ

フィンランド語で「つぼみ」を意味する。模様はフィンランドの伝統的なテキスタイルのデザイン。

Kukka クッカ

フィンランド語で「花」を意味する。暖かみのある模様は、花畑と、冬の終わりとともに訪れる太陽の輝きをイメージしている。

Kesa ケサ

フィンランド語で「夏」を意味する。模様はフィンランドの伝統的なテキスタイルのデザイン。

Lumi ルミ

フィンランド語で「雪」を意味する。模様は、雪の結晶をイメージ。

人気記事

一覧

新着記事