ソニー、ブラビアに録画機能搭載 - BD&HDD搭載の3D対応モデルと小型モデル

ニュース
トップ

ソニー、ブラビアに録画機能搭載 - BD&HDD搭載の3D対応モデルと小型モデル

村田修  [2010/08/26]

ソニーは26日、録画機能を搭載したブラビア「HX80R」シリーズと、「EX30R」シリーズを発表した。いずれも、BDドライブとHDDを搭載。HX80Rシリーズは3D対応モデルで、EX30Rシリーズは、パーソナル向けの小型モデル。HX-80Rシリーズは、55V型の「KDL-55HX80R」46V型の「KDL-46HX80R」40V型の「KDL-40HX80R」の3機種、EX30Rシリーズは、32V型の「KDL-32EX30R」26V型の「KDL-26EX30R」をラインナップする。発売は、HX80Rシリーズが12月5日で、EX30Rシリーズが11月30日。価格はオープンで、市場価格は、KDL-55HX80Rが44万円前後、KDL-46HX80Rが36万円前後、KDL-40HX80Rが30万円前後、KDL-32EX30Rが15万円前後、KDL-26EX30Rが14万5,000円前後と予想される。

「HX800」シリーズをベースにBDとHDDを搭載した「HX80R」シリーズ。1台で、録画/再生/3D映像を楽しむことができる。画像はKDL-55HX80R

「EX300R」シリーズをベースにBDとHDDを搭載した「EX30R」シリーズ。小型モデルでありながら、単品レコーダー並みの録画機能を備える。画像はKDL-32EX30R

HX80Rシリーズは、HX800シリーズをベースに、BDドライブとHDDを搭載したモデル。すでに発売されているトランスミッター「TMR-BR100」と、3Dメガネ(「TDG-BR100(標準サイズ)」または「TRG-BR50(小型サイズ)」)の追加により、3D映像の表示に対応する。もちろん4倍速駆動で、バックライトは分割制御可能なエッジ型LED。オールインワンタイプなので、レコーダーの設置場所などを気にせず、壁寄せスタイルを実現することが可能だ。EX30Rシリーズは、EX300シリーズをベースにBDドライブとHDDを搭載したモデル。EX300シリーズではカラーバリエーションの展開があったが、EX30Rシリーズはブラックのみとなる。

らくらくスタートメニュー

両シリーズとも、レコーダー部分は、同時発表した「BDZ-AT700」相当となっており、内蔵HDDの容量は500GB。新AVCエンコーダーにより、最大11倍の長時間フルハイビジョン録画に対応。内蔵HDDに最大で469時間分のフルハイビジョン録画が可能だ。W録画にも対応しているが、搭載されているチューナーは2台なので、テレビ番組を視聴中の場合、録画できるのは、同一チャンネルと、それ以外のもう1チャンネルという組み合わせとなる。


関連したタグ

    関連サイト

    新着記事

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧