長時間録画でもクリアな記録が可能な「ブルーレイディーガ」--パナソニック

 

パナソニックは24日、「ブルーレイディーガ」の新シリーズ「DMR-BWT3100 / BWT2100 / BWT1100 / BW890 / BW690 / BR590」の6機種を9月15日に発売すると発表した。価格はオープンで、推定市場価格は下記の表を参照。

3D対応ブルーレイディーガ「DMR-BWT3100 / BWT2100 / BWT1100」

今回発売される新シリーズは、第5世代のMPEG-4 AVC/H.264エンコーダー「新アドバンスドAVCエンコーダー」を搭載する(BR590は除く)ことで、シーンに合わせた圧縮処理の精度を高めて長時間録画モードでもノイズを抑えたクリアな映像の記録が可能。HBモード(約1.9Mbps)で記録すれば、3層式(100GB)のブルーレイディスクに約108時間のフルハイビジョン録画が行え、2番組同時の「フルハイビジョンW 12.5倍録画」も実現する。

長時間録画の使いやすさにも配慮し、2番組同時に長時間録画中でもブルーレイディスクやブルーレイ3Dディスクの再生、ブルーレイディスクへの高速ダビングや再エンコードダビングが可能。これにより同時動作制限を気にすることなく長時間録画が利用できる。

画質の面では、パナソニックハリウッド研究所が映画BDソフトのオーサリング時に使用している高精度色信号処理技術を応用した「トゥルーカラーエンジン」を搭載(BR590は除く)。再生映像の色解像度を高めて、緻密で精細感の高い映像が得られるとのこと。アニメ素材に最適な画質を追求した「アニメモード」も進化し(BR590は除く)、ノイズが少なくクリアな画質がさらに向上している。

同シリーズが新たに提案するかんたん機能「かんたんサポート機能」を搭載。録る・見る・残すの基本操作に絞って最小限のボタン数を実現したシンプルリモコン(BR590にのみ付属、他は別売)を使用すると、そのときだけに表示されるかんたんサポート画面での操作が可能になる。

本体サイズは、DMR-BWT3100が430(W)mm×239(D)mm×68(H)mm、その他5機種がが430(W)mm×199(D)mm×59(H)mm。

ブルーレイディーガ「DMR-BW890 / BW690 / BR590」

品番 HDD容量 3D対応 チューナー数 推定市場価格
DMR-BWT3100 2TB 2個 28万前後
DMR-BWT2100 1TB 16万前後
DMR-BWT1100 500GB 12万前後
DMR-BW890 1TB × 15万前後
DMR-BW690 500GB 11万前後
DMR-BW590 1個 9万前後

人気記事

一覧

新着記事

NTTデータ、マイナンバーの公的個人認証活用の本人確認ソリューション
[11:47 7/28] 企業IT
シーラカンスの胸ビレから人間の腕の筋肉の原型を発見 - 金沢工大など
[11:44 7/28] テクノロジー
デジタル造形の「ホントのところ」徹底分析 - ワンフェス2016[夏]
[11:40 7/28] パソコン
横河レンタ・リース、従業員向けインストールパッケージ作成ソリューション
[11:30 7/28] 企業IT
[小倉智昭]「とくダネ!」が放送回数最多に 17年4カ月で無遅刻4452回
[11:17 7/28] エンタメ