ブリティッシュ・エアウェイズとイベリア航空が経営統合を正式決定

御木本千春  [2010/04/12]

英のブリティッシュ・エアウェイズとスペインのイベリア航空はこのほど、経営統合することを正式決定したと発表した。2010年末をめどに共同持ち株会社「International Consolidated Airlines Group SA」を設立し、傘下に両社を置く。両社の名称は統合後もそのまま残し、それぞれの便名で運航を続けるという。

ブリティッシュ・エアウェイズ機体イメージ

新会社は、合計408機の機材で世界200都市への路線を運航することになり、年間搭乗者数は5,800万人以上となる見通し。合併後5年後で年間4億ユーロ(約508億円:2010年4月12日現在)の合理化効果を見込んでいる。

今後は、欧州委員会と両社株主の同意が必要となるほか、イベリア航空側はブリティッシュ・エアウェイズ側の年金プラン改善計画が不十分な内容ならば、合意を撤回できるという。両社は11月にも株主の承認を要請するとしている。

関連したタグ

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【コラム】鉄道ニュース・ローカル 第5回 長良川鉄道「ながら」水戸岡デザインの観光列車デビュー
[08:08 5/5] ホビー
【連載】ゼロから始める重曹掃除 第9回 5年放置の世紀末魚焼きグリルに、手作りの"重曹クリームクレンザー"で挑む!
[08:00 5/5] ライフスタイル
【コラム】保険なう 第5回 子どもの教育資金は、学資保険だけでなく●●保険でも備えられる!
[08:00 5/5] マネー
タニタの栄養士を招いて行う入場無料の健康セミナーが開催
[07:30 5/5] ヘルスケア
ボーイング、737 MAXの高地フライト実施 - 「期待していた通りの性能」
[07:00 5/5] 趣味

特別企画 PR