シャープ、2番組同時フルハイビジョン10倍の録画が可能なAQUOSブルーレイ

 

シャープは25日、AQUOSブルーレイの新モデル「BD-HDW55」「BD-HDW53」を発表した。発売は、4月24日で価格はオープン。市場価格は、BD-HDW55が11万円前後、BD-HW53が10万円前後と予想される。

2番組同時に10倍の長時間フルハイビジョン録画が可能なだけでなく、スカパーHD!やデジタルSTBからのハイビジョン録画もサポートする、新AQUOSブルーレイ(写真はBD-HDW55)

新モデルは、地上/BS/110°CSデジタルチューナーを2基、地上アナログチューナーを1基搭載するBDレコーダー。BD-HDW55は500GB、BD-HDW53は320GBのHDDを内蔵する。両製品の大きな特徴は「新トランスコーダー」の搭載。2番組を同時に、最大10倍の長時間モードで録画することが可能だ。10倍モードを利用した場合、500GBのHDDを内蔵するBD-HDW55では、最大で約446時間、片面1層のBDメディアでも、最大で約21時間40分のフルハイビジョン録画が可能ということになる。

もちろん、同社のレコーダーの大きなメリットとなっている、録画中でもBDタイトルの視聴や、録画したタイトルのダビングが可能という点も継承されている。

さらに、新モデルでは、スカパー!HDのハイビジョン録画にも対応。スカパー!HDの録画は、2番組を同時録画中にも行うことができ、その場合、3番組を同時に録画することが可能となっている。また、CATVのデジタルSTBとi.LINKで接続することにより、CATVの番組のハイビジョン録画も可能になる。録画可能なSTBは、同社のwebサイトに掲載される予定。

また、同社のレコーダーとしては初めて、ホームネットワーク機能(DLNA)に対応。レコーダーのHDDに録画されたコンテンツを、他の部屋にあるDLNA/DTCP-IPに対応した機器で、ストリーミング再生させることが可能になる。なお、同社の発売する液晶AQUOSには、現時点で、DLNAに対応したモデルは存在していないが、今後、DLNA機能を搭載した液晶AQUOSをリリースしていくとのことだ。

人気記事

一覧

新着記事

富士フイルム、防塵防滴でAFも高速な広角単焦点レンズ「XF23mmF2 R WR」
[20:20 8/25] スマホとデジタル家電
富士フイルム、クラシカルデザインのAPS-Cミラーレス「FUJIFILM X-A3」
[20:20 8/25] スマホとデジタル家電
シーメンスPLM、予測型エンジニアリング向け新ブランド「Simcenter」を発表
[20:10 8/25] テクノロジー
圧倒的な武装を携え「MGフルアーマー・ユニコーンガンダム(赤)」が再販決定
[20:04 8/25] ホビー
『妖怪ウォッチ』がもちもちぬいぐるみで一番くじに、トムニャンも登場
[20:00 8/25] ホビー