シャープ、普及価格帯にLED AQUOS Sシリーズ10機種を投入

ニュース
トップ

シャープ、普及価格帯にLED AQUOS Sシリーズ10機種を投入

村田修  [2010/01/28]

シャープは28日、液晶AQUOSの新シリーズ「SE1」を発表した。SE1シリーズのラインナップは、52V型の「LC-52SE1」、46V型の「LC-46SE1」、40V型の「LC-40SE1」、32V型の「LC-32SE1」となっている。発売日は、52V型~40V型までは2月15日、32V型のみ2月20日。価格はオープンで、市場価格は、LC-52SE1が35万円前後、LC-46SE1が28万円前後、LC-40SE1が18万円前後、LC-32SE1が11万円前後と予想される。

LEDバックライトを採用する普及クラスのAQUOS SE1シリーズ

SE1シリーズは、昨年11月に発表された「LX1」シリーズに続く、LEDバックライトを採用するAQUOS。LX1シリーズは、液晶AQUOSのフラッグシップモデルとされているモデルだが、今回発表されたSE1シリーズは、DS6シリーズの後継となる、スタンダードクラスの製品。同社は、いよいよ、LED AQUOSを普及価格帯に投入してきたことになる。

52V型~40V型のモデルはフルハイビジョンパネルを搭載し、32V型のモデルは1,366×768画素のハイビジョンパネルを搭載する。同社では、32V型のフルハイビジョンもリリースしているが、同社によると、「やはり、32V型の売れ線はフルハイビジョンタイプではなく、より低価格なハイビジョンタイプ。また、今回のSE1シリーズは、LEDバックライトを搭載していても、スタンダードクラスという位置づけなので、32V型にはハイビジョンパネルを使用している」とのことだ。

しかし、SE1シリーズは、単にLEDバックライトを搭載した普及クラスのテレビというわけではなく、LEDバックライト以外の点でも、UV2A技術を採用した液晶パネルの採用、AQUOS高画質マスターエンジンの採用(32V型を除く)、好画質センサーの採用など、LXシリーズの基本設計を受け継いだ製品だ。UV2A2技術は、生産時の効率化と、各セルの開口率のアップを両立させる技術で、この技術を使用して作られた液晶パネルでは、従来の液晶パネルよりも、光の透過率がアップ、さらにコントラストも向上する。AQUOS高画質マスターエンジンは、120Hz駆動に、LEDバックライトのオンオフを組み合わせることで、動きの速い映像でも残像間の少ない映像を実現する「W倍速クリア」を特徴とする映像エンジン。好画質センサーは、初期設定時に、いくつかの質問に答えるだけで、ユーザーの好みに合った画質に自動的にコントロールするという機能。ただし、普及クラスであるSE1シリーズに搭載される、オーディオは、2.1ch 3ウェイ6スピーカーシステム「ARSS」を採用するLXシリーズに対して、6.5cm径フルレンジスピーカー×2となっている。

LEDバックライトに加えてムーブセンサーの搭載により消費電力/年間消費電力は大幅に低下

また、SE1シリーズでは、新機能「常連番組ボタン」「ムーブセンサー」を採用。常連番組ボタンは、いつも見ている番組を自動的に学習する機能。リモコンの常連番組ボタンを押すと、自動的に、いつも視聴している番組が選ばれる。常連番組は、番組表の中に一覧表示させることも可能だ。ムーブセンサーは省エネのための機能で、人の動きを検知し、テレビの前に人がいない場合に節電モードに切り替えたり、さらに、ある程度時間が経つか、部屋の照明が落とされると、電源をオフにするということが可能になっている。これらににより、消費電力/年間消費電力量は、従来機種のDS6シリーズに比べて大幅に削減されている(表参照)。

HDMI連携は、LX1やNE7シリーズと同様にAQUOSファミリンクIIを搭載。AQUOSファミリンクとAQUOSファミリンクIIとの最大の違いは、AQUOSファミリンクIIでは、接続した機器の操作パネルがテレビ画面に表示されるという点。レコーダーの録画予約などがスムーズに行えるだけでなく、本体側に操作パネルを持たないシアターラックのような機器でも、簡単に操作を行うことが可能だ。

AQUOSファミリンクIIに対応するコンパクトなシアターラックシステム「AN-AR310」

なお、同社では、AQUOSファミリンクIIに対応したシアターラックシステム「AN-AR310」も同時発表している。発売日は2月20日で、価格はオープン。市場価格は6万5,000円前後と予想される。AN-AR310は、1bitデジタルアンプを搭載する比較的コンパクトなシアターラックシステム。対応するテレビのサイズは32V型~40V型。システム的には、8cm径フルレンジスピーカー×2に13cm径サブウーファー×2を組み合わせた2.1ch構成だが、ドルビーバーチャルスピーカーの採用により、ドルビーデジタルやDTSなどのサラウンド再生が可能だ。実用最大出力はフロントが30W×2で、サブウーファーが100W。本体サイズは、幅796mm×高さ471mm×奥行き414mm。本体質量は約29kg。耐過重は、天面が約60kgで、2段ある棚の上段は約15kg、下段は約20kgとなっている。

型名 LC-52SE1 LC-46SE1 LC-40SE1 LC-32SE1
画面サイズ 52V型 46V型 40V型 32V型
カラー ブラック/ホワイト ブラック/ホワイト/レッド
消費電力 150W 133W 110W 60W
年間消費電力量 133kWh/年 118kWh/年 107kWh/年 65kWh/年
サイズ
(スタンド込み)
(W×H×D)mm
1255×832×328 1118×754×328 978×668×293 780×556×246

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    北野武、日本の映画業界は「汚い」と怒り爆発!「日本の映画がダメになる」
    [22:22 10/25] エンタメ
    大阪府大阪市のホテル、すべての"プリンセス"へ贈るクリスマスケーキを発売
    [22:21 10/25] 旅行
    神奈川県横浜市のホテルで、ハロウィン向け"かぼちゃのカルボナーラ"登場
    [22:07 10/25] 旅行
    "トルティアチップス"より、「グリルドポークのバルサミコソース味」が発売
    [22:04 10/25] ライフ
    こいつが超ベジット!!『ドラゴンボール』ベジットがフル可動フィギュアに!
    [21:56 10/25] ホビー

    特別企画

    一覧