iPhoneがワンセグ録画に対応、TV&バッテリー用アプリをバージョンアップ

 

ソフトバンクBBは23日、AppStoreにて提供中のiPhone 3G向けアプリケーションソフト『テレビ』のバージョンアップを行った。新たにワンセグ放送の録画機能を追加したほか、iPhone OS 3.0にも対応した。

「テレビ」は、iPhone 3G(アップル社製)用の充電・ワンセグチューナー「TV&バッテリー」用の無料アプリケーション。今回のバージョンアップにより、ワンセグ視聴画面右上に「録画ボタン」が表示されるようになった。これをタップすることで放送中の番組を録画できる。録画した番組は自動的に録画リストに保存され、iPhone 3GとTV&バッテリーがWi-Fiで接続されていない状態でも、録画ファイルを再生できる。

録画機能利用イメージ。録画ファイル視聴時は、再生以外にも早送り・巻き戻しを行うこともできる

録画機能では、最大録画時間の設定が可能。現在録画中の番組の終了時刻まで録画する「番組の終わりまで」、iPhone 3Gの記憶容量が最大に達するまで録画を継続する「制限しない」のほか、2時間おきに3段階(最大6時間)の設定が可能。このほか、iPhone 3Gのメモリ残量低下を知らせる「iPhone メモリ残量アラート機能」も追加されている。

録画リスト利用イメージ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Parrot、ドローン「Bebop 2」にHDMとコントローラをセットにしたFPVパック
[19:07 9/28] スマホとデジタル家電
『双星の陰陽師』10月新主題歌はlolとGIRLFRIENDが担当
[19:00 9/28] ホビー
マリリン・モンローのあのミンクのストールがオークションに
[18:59 9/28] エンタメ
予防・検知からインシデント対応までサポート「InfoTrace Mark II for Cyber」
[18:54 9/28] 企業IT
ASUS、6GBのRAMを内蔵するハイエンドな「ZenFone 3 Deluxe」10月下旬発売
[18:53 9/28] スマホとデジタル家電