今年も聞けるか「One More Thing」 - Apple WWDC 2008基調講演はジョブズCEO

 

Appleは13日 (米国時間)、6月9日から6月13日の5日間にかけて開催される開発者向け会議「Worldwide Developers Conference (WWDC) 2008」を、Steve Jobs CEOら同社役員陣による基調講演で開幕すると発表した。内容はMacintoshプラットフォーム (OS X Leopard) 向けと、モバイルプラットフォーム (OS X iPhone) の2つを中心に進められる予定。

今回のWWDCでは、モバイルデベロッパを対象としたiPhone関連のトラックを初めて実施。iPhone SDKの解説や、iPhone / iPod touch向けオンラインサービス「App Store」を含むiPhone 2.0用アプリケーション開発に関する、各種セッションやハンズオンラボが予定されている。iPhoneトラックでは、Multi-TouchユーザインターフェイスやCocoa Touchテクノロジーなど、最新技術の活用方法に関する解説も行われる。

基調講演は、米西海岸時間2008年6月9日 (月) 午前10時、サンフランシスコのMoscone Westで行われる。WWDCの基調講演は新製品 / 新技術発表の場として注目度が高く、2005年はIntelプラットフォームへの移行、2006年はLeopardの紹介とIntel Xeonを搭載したMacPro / Xserveの発表、2007年はLeopardとiPhoneの新機能の詳細が取り上げられている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

羽鳥アナ、苦手な芸能人を実名告白「本気で困っている」
[07:00 8/31] エンタメ
テクノロジーとポップカルチャーの融合を日本で - 「東京コミコン」12月に開催
[07:00 8/31] 企業IT
ASUS ZenFone 3デザイナーが語るその秘密 - 日本投入は9月予定
[07:00 8/31] スマホとデジタル家電
電力事業者の新設が多い都道府県は?
[07:00 8/31] マネー
夫婦のLINE 第222回 ダメな所を認めることが逆説的に自己肯定につながる
[07:00 8/31] ライフスタイル