【コラム】

ペンタブレット「Intuos4」の全てがわかる大百科

1 ペンタブレットとマウスの違いとは

 
  • <<
  • <

1/36

この『ペンタブレット「Intuos4」の全てがわかる大百科』では、これからペンタブレットの導入を考えている人や、古い機種からの買い換えを考えている人のために、ワコムのペンタブレット「Intuos4」の導入から各種設定、便利な使い方、様々なアプリケーションでの使用例などを紹介する。第1回目は当たり前の事のようで、意外と知られていない「ペンタブレットとマウスの違い」について解説しよう。

Intuos4で筆者が描いたイメージイラスト。使用ソフトは「Adobe Flash CS4」。自在に、自然に描けるIntuos4を楽しく使いこなしてゆこう

絵を描くにはタブレットが必須?

現在売られているパソコンには、マウスやトラックパッドがはじめから標準装備されている。通常の操作ならこれで充分なはず。ならばなぜ、同じような機能を持つペンタブレットをわざわざ購入する必要があるのだろうか。実はマウスとは似て非なる性能を持つのがペンタブレット。購入前にどこが違うのかをしっかり検証してみよう。

「Intuos4」のようなペンタブレットとマウスの違いとは?

ペンタブレットの購入目的でもっとも多いのが「パソコンで絵を描きたい」というものだろう。アプリケーションがどんなに高機能でも、マウスで絵を描くのは、とても大変。どんなグラフィックソフトでも、描くときは「ボタンを押したままドラッグ」するわけだが、マウスだと手に負担がかかって、「自由に線を描く」ことはできない。ところがペンタブレットだと、ペン先を軽く、本体盤面に押しつけるだけで、マウスボタンが押されているのと同じ状態になる。そのまま動かせば線が描けるのだから、ボタンクリックなど気にしなくても、普段文字や絵を描いているのとまったく同じ動作でグラフィックソフトが使いこなせるわけだ。

マウスとは違うペンタブレットの表現力

また、マウスでは絶対にできないのが筆圧表現。ペンタブレットではペン先にかかる力に応じて、ブラシの太さや色の濃さをアプリケーションに伝えることができる。アナログな筆で色を塗るように、指先ひとつで様々な表現が可能となるのだ。この筆圧の表現は、フォトレタッチでも重要な要素。筆圧があると無いとでは、エッジをぼかしたり、スタンプツールで修正する時に、作業速度、仕上がりの品質ともに大きな差が出る。

マウスとペンタブレットで描いた線の違い。マウスでは線の幅が一定になるが、ペンタブレットだと筆圧に応じて強弱が表現できる(筆圧をオフにして、マウス同様の等幅線を描くこともできる)

ワークフローが改善される

表現だけでなく、作業工程にも大きな違いが生まれる。スキャナを使い、原画に彩色する程度であれば、マウスだけでも操作はできる。しかしこの手順だと、修正が発生した時に、原画まで戻らなくてはならない。タブレットですべて直接描くことで、ワークフローが簡略化でき、大幅にスピードアップがはかれる。紙同様に、ペンタブレットで思い通りに描けるようになるには、ある程度の慣れも必要だが、慣れてしまえば圧倒的なスピードアップが約束される。

大画面モニタに有利

タブレットが活躍するのは絵を描く場合だけではない。デザインレイアウト作業はもちろん、DTMでのスコア編集や、Excelなどの表計算の編集などでも便利な場合があるのだ。20インチ以上の大型モニタが非常に安価になっている現在、これらの編集作業のために大型モニタを使用している人も多いだろう。ところが実際に導入してみると、マウスやトラックパッドの操作が、負担に感じられる。これは、マウスポインタの移動距離が大きくなるため、マウスを何度も行き来させなければならないからだ。

27インチモニタで「Adobe Indesign」を開いたところ。画面の右から左までマウスポインタを移動させるのもひと苦労

こんな場面でもペンタブレットは威力を発揮する。ペンタブレットは盤面全体がディスプレイ上の座標に対応しているので、移動距離がどんなに長くても一発でその場所に移動できる。盤面のペンの位置と画面上のポインタの位置は常に一致するため、手が場所を憶えてくれるのだ。また、マウスでは長距離のドラッグ&ドロップ作業は非常に困難。ペンを押して滑らせるだけのペンタブレットなら、長距離のドラッグ作業も楽に作業できる。

マウスだと何度も往復させないといけない長距離の移動でも、ペンタブレットなら一瞬で移動できる。大型モニタだと特にありがたさがわかる

このように、ペンタブレットは決してペンの形をしたマウスではなく、まったく異なる「自然な操作感と表現力」を実現してくれるツールなのだ。次回はより具体的にペンタブレットの特徴を紹介していく。

Illustration:まつむらまきお

  • <<
  • <

1/36

インデックス

連載目次
第36回 大百科のまとめ ~「Intuos4」のメンテナンスや使用環境を考える
第35回 「Intuos4」を音楽制作に活用する(後編)
第34回 「Intuos4」を音楽制作に活用する(前編)
第33回 次世代イラストレーションアプリ「clip paint lab」の編集機能を試す
第32回 次世代イラストレーションアプリ「clip paint lab」の機能を試してみる
第31回 「Intuos4」でセルシスの最新アプリ「clip paint lab」ベータ版を試す
第30回 「Adobe Illustrator」に最適な「Intuos4」の設定とは
第29回 「Adobe Illustrator」を「Intuos4」で使いこなす
第28回 「Adobe Illustrator」の「線の補正」機能を「Intuos4」で試す
第27回 「Adobe Flash」の「線の補正」機能を「Intuos4」で試す
第26回 国産アプリケーションの「線の補正」機能を「Intuos4」で試す
第25回 「Intuos4」を使って上手に線画を描いてみる
第24回 「ArtRage」のトレース機能を使って「Intuos4」で絵画調のイラストを描く
第23回 「Intuos4」とグラフィックアプリケーション「ArtRage」で絵具を楽しむ
第22回 ペンタブレット「Intuos4」で使える専用マウス
第21回 ユニークな形状とホイールが魅力 -「Intuos4」のエアブラシペンを試す
第20回 回転検出が可能にする抜群の操作性 -「Intuos4」のアートペンを試す
第19回 「Intuos4」で超軽量クラッシックペンとボールペン内蔵インクペンを試す
第18回 「Intuos4」のオプションのペンの特徴や機能を徹底解剖
第17回 「Intuos4」と「comic studio」による漫画制作テクニック(応用編)
第16回 「Intuos4」と「comic studio」による漫画制作テクニック(トーン表現編)
第15回 ドライバ設定や様々なカスタマイズで「Intuos4」の描き味をさらに探求する
第14回 「Intuos4」のドライバによる筆圧設定で描き味を探求する
第13回 「Intuos4」の用途に合わせて電子ペンの芯を選択する
第12回 「Intuos4」のマッピング設定をマスターしよう
第11回 「Intuos4」の筆圧感知を駆使した、水彩タッチの塗り重ねテクニックを紹介
第10回 ケーブルからの開放! 「Intuos4 Wireless」の機能と有効な活用法
第9回 かなり使える「Intuos4」のラジアルメニューとは
第8回 好みに応じて自由にタッチホイールを使いこなそう
第7回 「Intuos4」のタッチホイールで出来る様々な事
第6回 「Intuos4」のファンクションキーをカスタマイズする
第5回 「Adobe Photoshop Elements」を活用して「Intuos4」でイラストを描く
第4回 ペンタブレット初心者が上手に「描く」ための練習法とドライバ設定とは
第3回 『Intuos4』を設置、環境設定して、実際に描いてみよう
第2回 使用目的や機能からペンタブレットを選ぶ
第1回 ペンタブレットとマウスの違いとは

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事