【レポート】

楽天の社員食堂に驚き、本当にすごいのは"三食無料"だけじゃない

1 3食無料という驚き

  • <<
  • <

1/4

社員食堂と聞いてどういったイメージがあるだろうか。筆者の場合、何年も変わらぬメニューがあり、安定の味を楽しめるが、変化は乏しいというイメージだ。しかし、今回取材させていただいた楽天の社員食堂"楽天カフェテリア"は、そうしたイメージとは異なる驚きがあった。

楽天カフェテリア入り口

3食無料の太っ腹な楽天カフェテリア

楽天カフェテリアでまず驚くのは、基本無料であるということだ。一部メニューにはお金がかかるものもあるが、その場合でも100円~250円程度の出費に過ぎない。しかも、昼食だけではなく、朝・昼・晩の3食すべてが基本的に無料なのだ。朝は軽食だが、昼、晩はちゃんとした食事が無料で食べられる。さすがに土日は営業していないというが、羨ましい。

メニューも豊富だ。メイン料理をひとつ選び、ご飯、汁物、副菜、デザートを手にとっていく仕組みになっており、それぞれに複数の選択肢がある。

メニューは豊富。価格表記のないものは無料だ

たとえば、ご飯は白米もしくは健康米のいずれかを選ぶ。汁物は味噌汁もしくは洋風・中華スープのいずれかから。副菜はカウンターに用意された野菜類を好みに応じた量を皿に盛り付ける(時間のない人向けに取り分けて用意されているものもある)。デザートもフルーツ、ゼリーなどが選べる。

サラダ類は各自盛り付けていく

なぜか納豆も。3人に1人は取っていくといい楽天社員は納豆が好きなようだ

選択肢が一番多いのは、メイン料理で、日替わりとなるメインA、B、Cの3種のほか、ラーメン、うどん・そば、パスタなどの麺類があり、丼物も用意されている。取材当日訪れたメインA、B、Cは、肉詰めピーマンのフライ揚げ、タルタルソースのサーモン、ポトフとなっており、様々な組み合わせから、毎日通っても飽きそうにないほどの充実っぷりだ。

メニューCのポトフ

カンパチ丼。こちらは有料だが250円

無料で選択肢も多い。毎日通っても飽きない。しかも、外食メインだと不足しがちな野菜もふんだんにとることができる。だからだろうか。楽天カフェテリアは賑わっていた。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 3食無料という驚き
(2) 人の多さに驚き
(3) 活性化させるための仕組みに驚き
(4) 熱意で実現できることに驚き
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事