【レポート】

年収400万円で購入できる住宅とは

1 いくらの物件を買える?

  • <<
  • <

1/2

住宅購入は、人生の中でも高い買い物の一つ。費用面を中心に様々なことを慎重に検討する必要があるでしょう。とはいえ、家を購入するためのお金には、わからない点も多いものです。そこで今回は、年収400万円で戸建てを購入する場合の物件の目安や、住宅ローン返済に備えるためのポイントなどをまとめていきます。

年収400万で住める家は?

年収400万円で買える物件の目安は

「将来はこんな家に住みたい」というイメージはあっても、そもそも、自分の年収ではいくらの家が購入できるのか、わからない人も多いのではないでしょうか。家を購入するとき、物件の情報収集とともに、まずは資金計画を始めます。自己資金や、月々の支払い可能額などを把握し、住宅ローンの試算を行って購入の予算を決めていくのです。では、年収400万円で戸建ての家を購入する場合、実際にはいくらぐらいの物件が目安となるのでしょうか。

返済期間35年、ローン金利1.50%と仮定した場合、月々無理なく返済できる金額でシミュレーションした一例だと、購入できる物件の目安は、およそ2,500万円まで。金利や自己資金などの条件を変えた場合でも、2,000万円台前半から、3,000万円弱までが目安となりそうです。

ちなみに、一年間に返済する住宅ローンの金額は、税込み年収の25%までが理想とされています。それ以上に借りられるケースもありますが、家計を圧迫する恐れも。多くの場合、金融機関からの借り入れ可能額と、実際に無理なく返済できる金額には、差があるものです。また、家の購入時にかかるお金は、土地や建物の費用だけではありません。引っ越し費用や保険料、事務手続きにかかる諸経費なども、別途必要になることをあらかじめ考慮しましょう。これらを含めた、総費用を把握しておくことが大切です。

この価格帯で購入できる戸建ての物件は、都内だとエリアが限られ、コンパクトになる傾向がありますが、周辺の県へ足を伸ばしてみると、選択肢が広がりそうです。新築か中古か、また、立地や広さなど条件も様々なので、時間を作ってじっくり検討してみましょう。

※画像と本文は関係ありません

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) いくらの物件を買える?
(2) 住宅ローン返済の注意点
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事