【レビュー】

10分でご飯が炊ける「poddi」の実力は

1 5,000円の炊飯器

  • <<
  • <

1/2

最短10分でご飯を炊けるという炊飯器があるらしい。その名も「poddi(ポッディー)」。好きな食べ物は炭水化物、なかでも白いご飯が最強だと思って生きてきた筆者にとって、このニュースは気になって仕方ないものだった。

「10分で炊きたてご飯」の条件

poddiは1.5合炊きの炊飯器で、価格は4,980円(税込・送料別)。コンパクトな見た目も、とんがった頭も、おまけに価格までカワイイ! ちなみに付属のしゃもじも、0.5合をはかれる計量カップもミニサイズだ。

とんがり頭がカワイイpoddi。計量カップとしゃもじが付属する。計量カップと炊飯器本体のとんがりは、神明精米の「あかふじ」というブランド名に由来? 内釜もコンパクトかつ軽くて扱いやすい

あかふじ ソフトスチーム米をドアップで。米粒にヒビらしきものが入っているのがわかる。たしかに炊きあがりが早くなりそう

poddiの売り文句はなんといっても「最短10分でご飯が炊ける」だろう。ただし、10分というのは「あかふじ ソフトスチーム米」0.5合を「高速モード」で炊いたときのみ実現できる数字だ。ソフトスチーム米以外の一般米の場合、炊飯時間は約40分とされる。

ソフトスチーム米とは、早稲田大学とT.M.L、埼玉県産業技術総合センターの共同研究によって生まれた「ソフトスチーム加工」技術を用いた米のこと。食材に応じた温度の飽和湿り空気(限界まで水蒸気を含んだ空気)で加熱処理することで、甘みのもととなるブドウ糖が約13倍に増加、そのほか旨みのもととなるアミノ酸も生成される。

あかふじ ソフトスチーム米をよーく見てみると、米粒にヒビが入っている。ソフトスチーム米は炊飯前、研いだり水に浸したりといった工程が必要なく、内釜に米をジャーっと入れて規定量の水を注げば準備完了。あとはpoddiにセットして炊飯スタートだ。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 5,000円の炊飯器
(2) ふっくらな炊きあがりに
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事