【レポート】

Androidユーザーの約3割が「iPhone 6」の購入を検討 - マイナビニュース調査

 

9月中に発売されると噂の新型iPhone(以下iPhone 6)。日本での販売が開始されたら、これまで通り争奪戦が予想される。そんなiPhone 6について「Android」スマホユーザーはどう思っているのだろうか。Androidスマホユーザーのマイナビニュース会員500人を対象に新型iPhoneが欲しいか聞いてみた。

なお、新型iPhoneについては呼称等も含め全て未発表である。本稿では新型iPhoneを「iPhone 6」として記載している。

やっぱりAndroidが好き!

まずは、AndroidスマホユーザーにiPhone 6が欲しいかどうか聞いてみた。

「iPhone 6」が欲しいですか?

7割となる350人が「いいえ」と回答。3割となる150人が「はい」と回答した。筆者としては、3割もの人が「iPhone 6を欲しい」と思っていることに驚いた。

「いいえ」と回答した人に理由を聞くと、最も多かったのが「Androidの方が好きだから」という回答。350人中199人、約6割の人が回答していた。続いて「値段が高そうだから」という答えだった。「これまでのiPhoneのデザインに魅力を感じないから」と回答したのは31人。AndroidユーザーもiPhoneのデザインは認めていることが伺える。ただ、それでもAndroidが好きなのだ。

なぜ「いいえ」と回答したのか理由として近いものを以下より選択して下さい。(複数回答可)

「その他」と回答した人は、「おサイフケータイが使えない」、「ウィジェットが好き」、「防水機能がない」、「カスタマイズできなそう」というように、iPhoneの機能面に不満を抱いているようだった。また、中には「Appleが嫌い」、「日本企業を応援したい」、「みんなiPhoneを持っていて個性がないから」という意見もあった。

「話題」になるのはiPhone

次に「iPhone 6が欲しい」と回答した人の理由を聞いてみた。

なぜ「はい」と回答したのか理由として近いものを以下より選択して下さい。

最も多かったのは同率で「手持ちの機種が古くなってきているから」と「話題だから」の2つ。150人中53人、約4割の人が回答した。やはり、使っている機種を変更したいタイミングで、話題のiPhoneが出るのなら食指が伸びる人が多いようだ。

続いて43人、約3割の人が回答した「使いやすそうだから」。ユーザーの好みに合わせたカスタマイズができるのがAndroidの魅力だが、説明書を読まずとも使えるシンプルなiPhoneに惹かれているAndroidユーザーも多いようだ。

「その他」の意見としては、「iOSアプリが使いたい」、「iPhone 6の新機能が使ってみたい」といった意見が並んだ。

世界的なニュースになる新型iPhone。カスタマイズのAndroidか、シンプルなiPhoneか、日本国内での発売後Androidユーザーがどのような動きを見せるのか興味深い。

調査時期:2014年7月31日~2014年8月11日
調査対象:Androidスマートフォンユーザーのマイナビニュース会員
調査数:500件
調査方法:インターネットログイン式アンケート

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

羽鳥アナ、苦手な芸能人を実名告白「本気で困っている」
[07:00 8/31] エンタメ
テクノロジーとポップカルチャーの融合を日本で - 「東京コミコン」12月に開催
[07:00 8/31] 企業IT
ASUS ZenFone 3デザイナーが語るその秘密 - 日本投入は9月予定
[07:00 8/31] スマホとデジタル家電
電力事業者の新設が多い都道府県は?
[07:00 8/31] マネー
夫婦のLINE 第222回 ダメな所を認めることが逆説的に自己肯定につながる
[07:00 8/31] ライフスタイル