【レポート】

電波状況? 通信エリア? 携帯電話の「つながりやすさ」について考える

 

ソフトバンクモバイルの「つながりやすさNo.1へ」というCMが話題になっている。これは、スマートフォンの通話接続率、データ通信接続率を紹介したもので、ソフトバンクの電波改善をアピールする内容だが、ソーシャルの反応などを見ると、すべてのユーザーが“つながりやすさ“を実感しているわけではないようだ。本当に電波の改善が進んでいるのだろうか? そこで本稿では、「そもそも携帯電話の『つながりやすさ』とは何なのか?」というところを改めて考えていきたい。

「つながりやすさ」の定義はいろいろあるが、要は「使いたい」と思った時に「使えるか」どうかがキモだ。携帯電話は無線通信のため、有線接続に比べれば安定しないし、特に「インターネット」はもともと「必ず安定してつながる」ことを目指したものではない。それでも、特にスマートフォンが普及するにつれ、例えばWeb検索をしようとしてつながらない、Eメールが受信できない、地図が表示されない、スピードが出ないなどいった問題が良く聞かれるようになった。

この「つながりやすさ」にはいろいろな要素があるが、キーワードとしては「3G」「LTE」「プラチナバンド」などといったものがある。3Gとは「第3世代携帯電話」のこと。「第1世代」は「ショルダーフォン」などの「アナログ方式」、「第2世代」は、これをデジタル化したPDC方式などのことで、一昔前の「ムーバ」などの携帯電話がこれに当たる。

第3世代は、ドコモでは「FOMA」と言われていた方式で、デジタル方式を進化させ、データ通信速度の向上などを行った。通信方式としてはW-CDMA、CDMA2000と呼ばれていたものだ。すでに第1世代、第2世代は日本で使われておらず、この3Gが主流だ。この3Gのデータ通信速度を高速化したHSDPA、HSPA+などといった方式もあるが、基本的にはまとめて3Gと呼ばれている。

続いて次世代の通信規格が「LTE」となる。LTEは、現在は4G(第4世代)に位置づけられている通信規格で、3Gより高速、大容量、低遅延などといった特徴がある。データ通信が高速化するとともに、通信の反応が良くなり、いろいろなメリットがある。

このLTEは、「つながりやすさ」を改善する技術としても期待されている。無線通信の場合、1つの基地局で通信できるユーザー数が物理的に限られており、同じ基地局にたくさんの人が集まると、速度が低下したり、圏内なのにデータの送受信ができない事態になる。

LTEは周波数利用効率が高く、1つの基地局に収容できるユーザー数が多くなる。基地局をLTE対応することで、そのエリアの混雑具合は緩和されることが期待できるわけだ。

「プラチナバンド」は、ソフトバンクが最初に使い始めた言葉だが、電波の波長がより長い(数字が小さい)帯域(バンド)のことで、だいたい700~900MHz帯辺りのことが言われている。この帯域は、これまでNTTドコモ、KDDI、イー・モバイルが所有していたが、周波数再編でソフトバンクも取得している(さらにイー・モバイル買収で追加されている)。

一般的に電波は波長の長い方が障害物にぶつかったときに回り込む特性があり、窓などからの浸透も強い傾向がある。ビル陰や建物内への電波が届きやすくなるといったメリットもあるが、しょせん電波であり、ビル陰を全てカバーできるわけでもない。そうするとビル陰をカバーできるように基地局を建てる必要があり、そうなるとプラチナバンドである必要は(あまり)ない。

屋内については、プラチナバンドであってもどこでも届くわけではないので、屋内基地局を設置することになるが、下手に外の電波が入りすぎると混信を避ける必要が出てくるし、プラチナバンドがあれば全て解決するわけではない。海外でも、同帯域を使っている事業者ばかりではないし、LTEでは2.1GHz帯といったより波長の短い帯域も使われている。ソフトバンクのプラチナバンドも、現在は3G向けに使われており、LTEの「つながりやすさ」には直接関係しないのだ。

そもそも、「つながりやすさ」とはなんだろうか。特に問題視されているデータ通信の場合、圏外か圏内か、という場合は端末のアンテナ表示を見れば分かる。「圏内」表示でデータ通信が快適にできる、というのが「つながりやすい」という状況だろう。生活者が求めているのも発着信の成功より数分話しても電話が切れずかけ直さなくてすむことではないだろうか。

無線通信の場合、1つの基地局で通信できるユーザーが限られており、同じ基地局にたくさんの人が集まると、通信がしづらくなったり、通信ができなくなったりする。ほかにも移動中に接続している基地局が切り替わるハンドオーバー時に通信が途切れたり、基地局の電波の届くギリギリのところで電波がしっかり届いていなかったり、いろいろな原因で通信がしづらくなることがある。

これを回避するために、各社は3Gの基地局のLTE化、ハンドオーバーの高速化、接続に最適な基地局を検知する技術、といった技術を導入したり、さまざまなチューニングや基地局設計などを行っている。無線通信だけに、単純に基地局を多く建てればいいと言うものではないし、電波の容量が多ければいいというわけでもない。

「とりあえず通信できる」という状態を「つながる」と言うのであれば、それは違うと思う。メールやSNS、Webサイト、ストリーミング動画などを使いたい時に快適に利用できるか、というところを総合的に判断する必要があるだろう。つまり、単に「つながる」だけでなく、「使える」という観点で検討していくのも必要だろう。

(執筆 : 三谷真)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

想像を超える風景! 北海道「ファーム富田」のラベンダーにまた会いたくなる
[10:00 7/28] 趣味
2016年夏ドラマ、傾向分析&オススメ5作発表! - リオ五輪を控える「逆境の夏」にイチかバチかの大勝負
[10:00 7/28] エンタメ
H-IIBロケット6号機がプレス公開 - 交換用バッテリ等を宇宙ステーションへ運ぶ
[10:00 7/28] テクノロジー
ワイヤレスキーボードから入力内容を窃取、75m先からも可能
[09:53 7/28] 企業IT
ジョージ・ハリスンの未発表曲がリリースへ
[09:48 7/28] エンタメ